スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑多な買い物記

  • ショスタコーヴィチ:交響曲第1&5番 マズア/ロンドンPO (London Philharmonic Orchestra LPO-0001)
  • ブラームス:交響曲第2番、レーガー:モーツァルトの主題による変奏曲とフーガ ベーム/ベルリンPO (DG 474 989-2)
  • ヘンデル:合奏協奏曲 Op. 3-4、6-10、6-12 トレチャコフ/ソヴィエト国立室内O (Yedang YCC-0045)
  • ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集「四季」、サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ トレチャコフ(Vn & Cond.)/ソヴィエト国立室内O (Yedang YCC-0127)
5月1819日と、かぶとやま交響楽団第32回定期演奏会の曲目について本欄に書いたが、当然のことながら、せっかく音盤屋に足を運んでそれだけの買い物で終わろうはずがない(^^;。今日は、それ以外の買い物について。

Tower Records難波店では、マズアのショスタコーヴィチを。ロンドン交響楽団の自主制作レーベルはもう結構な枚数がリリースされているが、ロンドン・フィルも新たに自主制作レーベルを立ち上げたとのこと。その第1弾にショスタコーヴィチが選ばれたのは、なんとなく嬉しい。マズアのショスタコーヴィチは、交響曲に限って言えば第7番と第13番(ともにニューヨークPO)がリリースされている。今回のアルバムは、オーケストラの影響なのか、ややおとなしい演奏である。第1番では若々しくも落ち着いた抒情に満ちていて、どこか格調の高さを感じさせる。若書きだからというわけではないが、もう少し表現意欲が漲っていても良いような気もする。第5番も基本的には似た傾向の演奏だが、この曲の場合、やはりある程度の押しの強さがなければ退屈してしまう。全体に“勝利”ではなく“悲劇”を強調した解釈がとられていて、そのこと自体にさして問題はないものの、それでも終楽章のコーダは少々やりすぎだと僕には思われる。こういった文学的な解釈が前面に出た演奏は、僕の好みではない。

一方、Tower Records梅田店では閉店間際に駆け込んだにもかかわらず、3点を捕獲。

ベームのブラームスは、僕が大学の学部生だった頃に「レコード芸術」誌の名盤復刻企画でベートーヴェンの「運命」とのカップリングで復刻されたものを既に持っている。今回はレーガー作品が目当て。ベームの同曲は、本欄でも2003年10月24日に紹介した1938年のライヴ録音があったが、さすがにこれは録音が悪すぎて、何が何だかわからない。ということで、1956年のスタジオ録音である本盤を見つけて迷うことなくレジへ直行した次第。これはいぶし銀の秀演。冒頭の主題から、何とも言えない優しさと渋い情感が満ち満ちている。妙に分析的にはならず、終始音楽的な流れと独特の和声を自然に表出しているところに好感が持てる。これは、当時のベルリンPOの魅力的な音色のおかげでもあろう。

吉田秀和が絶賛したこともあるらしいブラームスの第2番も、実に立派で素晴らしい演奏。中間楽章の引き締まった抒情が特に魅力的。なお本盤は、「Musik...sprache Der Welt(音楽…世界共通の言葉)」というシリーズの一枚。

クラシックのコーナーに入るところで、Yedang Classicsのワゴンセールをやっていた。なんと一枚590円(税込)!この値段なら、ということでトレチャコフが指揮と独奏をしているアルバムを2枚購入。ジャケットには「ソヴィエト国立室内O」と記されているが、これは恐らく「モスクワ室内O」のことだろう。ある時点で国立の団体になったのだろうが、詳しいことは知らない。

ヘンデルの合奏協奏曲は大好きな曲だが、隅々まで透明に響き渡るソ連サウンドで聴くのはまた格別。これは弦楽合奏の一つの極致である。ライヴ録音のようだが、これを生で体験していたら文字通り失神してたかも。

ヘンデルの出来に「四季」も期待が高まったが、こちらは…う~ん…微妙。もちろん、技術的には完璧で、その点においては不満はない。ただ、瞑想的な雰囲気が支配的で、トレチャコフ独自の解釈として完成度は決して低くないのだが、この曲はもうちょっと脳天気で良いのではないだろうかと思ってしまう。4曲中では、「冬」の出来が一番良い。このような傾向はサン=サーンスでも同じ。こういう華やかなショウピースに相応しい解釈とは言えないような気がする。まぁ、弾くだけなら寝てても完璧にできるだろうから、色々考えてしまうのかもしれないが。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 作曲家_Reger,M. 作曲家_Händel,G.F.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。