SP盤まとめ聴き

  • ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第1番 グラズノフQ (USSR LRK 2191 [10" 78rpm])
  • ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第1番 ヨークQ (Royale 580/1 [12" 78rpm])
  • ショスタコーヴィチ:3つの幻想的な舞曲、J. S. バッハ:半音階的幻想曲とフーガ ニ短調 ロスチナ、ニコラーエヴァ (Pf) (Supraphon H 24258 [10" 78rpm])
  • カバレーフスキイ:ソナチネ、ショスタコーヴィチ:24の前奏曲より第14番 コーエン (Pf) (Columbia DX 1066 [10" 78rpm])
  • アレクサンドロフ:ソヴィエト社会主義共和国連邦国歌、ショスタコーヴィチ:映画音楽「呼応計画」より「呼応計画の歌」 ロブソン (B) リヒター/キーノートO他 (Keynote K 1200 [10" 78rpm])
この度、知人のご厚意で手元にたまったSP盤をCD-Rにおとしてもらうことができた。SP盤でしか存在が確認できない音源などを聴けないかもしれないことを承知で購入していたものばかりなので、快く作業をお引き受けくださった某氏には、この場をお借りして深謝の意を表します。

全く期待もしていなかった音質については、普通の復刻盤CDと比べても遜色のないもので正直びっくり。ざっと見てもそれほど盤面状態が良いわけでもないのに、針音などのノイズはともかく楽器の音がしっかりと再生されているのには驚いた。SP盤の魅力を語っている人達の言葉が決して誇張ではないのだと認識を新たにした次第。

さて、念願叶って聴くことのできた音楽の内容について。グラズノフQのショスタコーヴィチの第1番は、ヒュームのカタログにも載っていない初演団体による録音。録音年などはわからないが、聴き辛いような音ではない。おっとりとした音楽は少々古めかしいが、まろやかな音色の美しさに気がつくと引き込まれている。技術的にはベートーヴェンQにも劣るだろうが、この響きの魅力はなかなかのもの。全体にテンポは遅いが、これは初演団体とはいえショスタコーヴィチの意図を完全に反映しているとはいえないような気がする。

同じ曲を今度はヨークQで。ヒュームによると1950年代前半の録音のようだが、盤の状態のせいかノイズが多く、音も全体に痩せ気味。引き締まった、新古典主義的な演奏。技術的な不満は感じないが(第4楽章は結構危なっかしいが)、もう少し音楽に潤いがあっても良いと思う。第3楽章の主部を繰り返しているのは、そういう楽譜があったのか、演奏者が独自に補ったのか、録音エンジニアが勘違いしたのか、よくわからない。

ロスチナの「3つの幻想的な舞曲」は、乾いた音の響きやセンスの良い表情付けなど、非常に雰囲気の優れた秀演(作品1と表記されている)。もちろんカップリング(というより、こちらがメインなのだろうが)のニコラーエヴァのバッハも素晴らしい演奏。

ピアノのことはよく知らないのだが、ハリエット・コーエンという女流ピアニストは、非常に著名なよう。カバレーフスキイでの清潔で活力に満ちた、気品のある音楽を聴くと、そうした評価も確かに納得できる。ショスタコーヴィチでも、作品の持つ暗い情念を端正な佇まいで描き出している。なかなか素敵な演奏。

7月25日付の本欄でも紹介したロブソンのアルバムは、PerlレーベルからCD化されていた模様。ソ連国歌も呼応計画の歌も英語歌詞による歌唱で、オーケストラ伴奏は独自のもの。合唱はあまり明瞭にとらえられていない。若々しく深い声はロブソンならでは。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

comment

Secre

グラズノフQのショスタコーヴィチ1番について

長年見させていただいております、岡林リョウともうします。
表記のUSSR LRK 2191についてですが、私も10年以上探しているのですが、未だ見つかりません。どのようにご入手なさったのでしょうか、海外通販など使われているのであればお教えいただければ幸いです。
不躾な申し出申し訳ございません。長年、大阪の大学とこのブログしか検索であたらないので思い切ってコメントさせていただきました。

末筆ながら音楽に対する深い造詣、とても感銘を受けました。私もサイトを運営しつつ、同時期に始められ今も続けていらっしゃる方には勝手に親近感をおぼえている次第です。
長くなりました。どうかよろしくお願いします。

Re: グラズノフQのショスタコーヴィチ1番について

岡林様

ここのところ、ブログを放置していることが多く、頂いたコメントに気付くのが遅くなってしまい、大変失礼いたしました。初めに、深くお詫び申し上げます。

さて、まずお問い合わせの件ですが、私がいつも利用しているMikrokosmosで入手しました。リストを見ていると、グラズノフQによるショスタコーヴィチ?ショスタコーヴィチQが結成当初グラズノフQを名乗っていたので、それのことか?でもSP盤だし?といった感じで、半信半疑でオーダーしたところ、少なくともレーベル面にはグラズノフ名称四重奏団と印字されたものが送られてきました。

このエントリーに記した通り、音も聴きましたので、曲がショスタコーヴィチの1番であることは確認済みですが、演奏団体まで疑い出すと、それが確実かどうかまでは断言できません。

既にご確認されているかもしれませんが、私のWWWページ内にて、レーベル面の画像を公開しています。

 http://www.envi.osakafu-u.ac.jp/develp/staff/kudo/dsch/lp/ussr-lrk2191.jpg

とりあえず、今すぐに提供できる情報はこの程度です。他に何かありましたら、お気軽におっしゃってください。

岡林さんのサイトは、私も長らく愛読させていただいておりました。弦楽四重奏とロシア音楽を愛好されている点で、私も勝手に親近感をおぼえていた次第です(笑)

今後とも、よろしくお願いいたします。

お返事ありがとうございました

kudo様

お返事ありがとうございました。
やはりmikrokosmosですか!しかも私が検索して当てたサイトはいずれもkudo様のサイトのようですね。羨ましい限りです。この盤の存在はかなり前に聞いていたので、少なくともショスタコーヴィチ四重奏団や新グラズノフ四重奏団のものではなさそうです(最近の書籍にも出ていたと思います)。目ぼしいところに復刻を働きかけたりもしましたが、、、原盤がそもそも稀少過ぎるようです。
いつか耳にしたいものです。ちなみにヨーク四重奏団のSPはいま手元にあるのですが、なかなか聴くに至っておりません苦笑

返信ありがとうございました。kubo様が復刻盤を出されることは…ありませんよね?(笑)

Re: お返事ありがとうございました

一介の趣味人の私が復刻盤を出すことはありませんが(笑)、何か協力できることがあれば、いつでも声をかけてくださいね。

ありがとうございます。。

早々のお返事ありがとうございました。これは禁じ手に近いかもしれませんが、、グラズノフ四重奏団の演奏を何らかの手でお聴かせいただければ幸いです。しかしながら当方東京在住です。メールアドレスを載せさせて頂きます。もし可能であれば、、、そちらへお返事いただけないでしょうか。

ちなみに、いまヨーク四重奏団のSPを聴いてみたのですが、中袋に1941年初頭のスタンプがありました。こんなに早い時期にアメリカで録音されているというのは不思議ではありますが、盤と同じ番号の記された袋に入っており、録音状態の悪さからしても40年代の可能性はあります。三楽章の主題の繰り返しにはすいません、気づきませんでした。楽譜と突き合わせて聴いてみます。

ハリエット・コーエンはバックスの内妻でイギリスでは美人ピアニストでならした人ですが、こちらは時期的にか余り多くの録音がなく、忘れられているのは仕方ないと思います。

8年前の記事に色々とすいませんでした。最近はロシアからも少し遠ざかっており、演奏しなくなったせいかショスタコーヴィチからも遠のいておりました。また少し勉強させていただきます。長々と失礼いたしました。

Re: ありがとうございます。。

色々とコメント、どうもありがとうございました。

音源提供(?)の話ですが、手持ちの音盤をサイトで公開していることもあって、同種の依頼が多々あります。しかしながら、所蔵音源の公開・提供のボランティアをする意思はありませんし、そもそも法的な問題もありますので、不躾ながら、全てお断りさせていただいております。他意はございませんので、どうかご了承くださいませ。
プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター