スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりとめもなく…

  • ハイドン:弦楽四重奏曲集「プロシャ四重奏曲」 東京Q (DG POCG-2790/1)
  • メンデルスゾーン:弦楽八重奏曲、シェーンベルク:浄夜 バルトークQ他 (Hungaroton HCD 31351)
  • ブラームス:8つのピアノ曲 作品76、2つのラプソディ 作品79、幻想曲集 作品116 P. レーゼル (Pf) (Deutsche Schallplatten TKCC-70664)
  • ブラームス:3つの間奏曲 作品117、6つのピアノ曲 作品118、4つのピアノ曲 作品119 P. レーゼル (Pf) (Deutsche Schallplatten TKCC-70665)
  • リームスキイ=コールサコフ:交響組曲「シェエラザード」、ボロディン:中央アジアの草原にて、バラキレフ(リャプノフ編):イスラメイ ゲールギエフ/キーロフO (Philips 470 840-2)
昨日取り出した東京Qのハイドンを、改めて全部聴き直した。僕は、ハイドンの弦楽四重奏の緩徐楽章が持つ泥臭い感傷性が大好き。それはこの作品50の数曲にもあって、それをまた原田幸一郎が実に泥臭く歌い上げている。日本人的な歌の感覚に共感しているのかもしれないけれども、模範的なアーティキュレーションや品の良いアンサンブルのおかげで、単なる演歌に陥ってはいない。

こういう泥臭さは、ハンガリーの団体にも感じることが多い。バルトークQは中でも好きな団体だが、メンデルスゾーンの八重奏曲を収めた一枚は、曲の良さとも相まって彼らの美質が存分に発揮された仕上がりになっている。8人全員が本当に気持ち良さそうに、伸び伸びと歌っているという点で、この演奏は傑出している。同質の楽器による八重奏ということでバランスの取り方が難しいところだが、この演奏は表面を整えることではなく、全員がしっかりと音を出して歌いきることで結果的に望ましいバランスを得ているのが特徴的。このことで、対位法的な絡み合いが、全体の熱気溢れる大きな流れの中で理想的に響いている。しかも、いわゆる室内楽的な親密感やまとまりは失われている。この曲を弾いたことがある人なら誰でも経験しただろう高揚感や満足感を彷彿とさせてくれる名演。シェーンベルクも同様。ただ、完全に後期ロマン派な演奏だけに、こちらは人によって趣味が分かれるかもしれない。

今、ボリソフ著の「リヒテルは語る 人とピアノ、芸術と夢」を読んでいるのだが、そこにブラームスのピアノ曲がいくつか出てくる。リヒテルの本にネイガウスやヴェデルニコフの演奏というのは、いかにも重い組み合せなので、今日はレーゼル盤全集の中から、先週聴かなかった後期の2枚を一気に。ブラームスのピアノ曲については先週何度も書いたし、BGMがてら聴いていたこともあるので今日は特にコメントせず。時に力任せになるものの、レーゼルの演奏からはブラームスの魅力が素直に伝わってくる。本当に素晴らしい曲だ。

日曜日の練習後、家まで送ってくれたYさんの車の中で聴いて好印象を持った、ゲールギエフの「シェエラザード」を昨日購入した。正直、この曲に2000円以上の投資をするつもりはなかったのだが、昨年非常に話題になったディスクでもあるし、最新録音を1枚くらい持っていてもいいだろうとこの度ようやく入手したもの。すごく巧い演奏だなぁ、というのが感想。まず技術的な精度が素晴らしい。特に管楽器の音色もインターナショナルなロシアン・サウンドといった感じで聴きやすくまた十分に魅力的。この曲、同じような旋律を延々と繰り返しているだけの側面もあって、どうしても退屈してしまうのだが、それを感じさせないゲールギエフの指揮も巧い。各楽器のソロの生かし方も優れている。早めのテンポで颯爽とまとめあげながらも、時々はったりをかますゲールギエフの特徴が良い形で表れた演奏だと思う。併録のボロディンとバラキレフも同様。ま、でも、これは好き嫌いがわかれるだろうな。僕は結構好き。

今日は結構とりとめもなく聴いたな。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_東京Quartet 演奏家_BartókQuartet 演奏家_Rösel,P. 演奏家_Gergiev,V.A. 作曲家_Haydn,J. 作曲家_Brahms,J. 作曲家_Rimsky-Korsakov,N.A.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。