スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「森の歌」のDVD

  • ショスタコーヴィチ:オラトリオ「森の歌」、祝典序曲 マースレンニコフ (T)、ヴェデールニコフ (B) スヴェトラーノフ/ソヴィエト国立SO他 (Dreamlife DLVC-1152 [DVD])
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第13番 アレクサーシキン (B) M. ヤンソンス/バイエルン放送SO他 (EMI 7243 5 57902 2 4)
待望の「森の歌」DVD。音源は既発のCDと同じものだが、入手困難でネットオークションなどでは異様な高値で取引きされていたこともあり、今回のDVD化を喜んでいるマニアは少なくないだろう。演奏については、今更何も言うことはない。ライヴゆえの瑕はもちろんあるが、この曲のあるべき姿を理想的に描き出した唯一無二の名演である。これを映像で観ることできるなんて、何と贅沢!楽譜の持ち方も姿勢もバラバラな合唱団からあの響きが繰り出させる様、第5曲で狂ったように叩きまくっているスネギリョーフ、最後の和音を猛烈に引き伸ばさせるスヴェトラーノフの棒などなど。いずれもCDを聴いている時から想像していた映像ではあるが、こうして実際に観ると感動が一層増す。

また、字幕で歌詞を見ることができるというのも、映像ならでは。大人数で、しかも真剣にあんな歌詞を朗々と歌うというのは、一体どんな心理なんだろうか。また、ショスタコーヴィチはどんな気持ちでスコアを書いていたのだろうか。色々と考えさせられる。とはいえ、この凄絶でエネルギッシュな音楽の奔流の前では、所詮、時代を共有していない異国の若造の考えなどあっさりと吹き飛ばされてしまうけど。

M. ヤンソンスのショスタコーヴィチ・シリーズも、あともう少しで完結する様子。第2&12番の新譜予告があったので、ちょっと前にリリースされた第13番を購入。よく整えられた響きは、いかにも近年のショスタコーヴィチ演奏といった感じ。だが、随所にあざとさすら感じさせるような思い切った表情付けがなされていて、必ずしも“スマート”な演奏とは言い切れない。洗練された音響と、どこか垢抜けない解釈とのミスマッチを面白いと感じるかどうか。正直なところ、僕には印象が薄い演奏だった。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 演奏家_Svetlanov,E.F.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。