スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年最後の「覚え書き」

  • ショスタコーヴィチ:交響曲第10番 ロジデーストヴェンスキイ/ソヴィエト国立文化省SO (Melodiya C 10-18617-18 [LP])
  • ショスタコーヴィチ:チェロ・ソナタ、K. ハチャトゥリャーン:チェロ・ソナタ ウィンランド (Vc) ソリョム (Pf) (Artemis Arte 7110 [LP])
  • ショスタコーヴィチ:不明(ドルマトーフスキイ詩「遠い祖国の響きが聴こえる(???)」 S. Yuszkewicz、A. Shworak、H. Kurilovich、A. Jurovskaya、Walter Rasiuk (Accomp.) (FRC Records 707 [78rpm])
  • ショスタコーヴィチ:映画音楽「五日五晩」 E. ハチャトゥリャーン/ソヴィエト映画SO (Melodiya D 11327-28 [10" mono])
  • ショスタコーヴィチ:ユダヤの民族詩より、プロコーフィエフ:ヘブライの主題による序曲、スロニムスキイ:カンタータ「歌の歌」 ボブリネヴァ (S) ボリソヴァ (MS) マースレンニコフ (T) スヴェトラーノフ/ソヴィエト国立SO ベフテレフ (Pf) ミハイロフ (Cl) スピヴァコフ、コペリマン (Vn) バシメート (Va) ベルリンスキー (Vc) ノヴィコヴァ (S) プロウジニコフ (T) クライン (Ob) ブヤノフスキイ (Hr) タウアー (Hp) ネステロフ/室内合唱団他 (Le Chant du Monde LDX 78.808 [LP])
  • ショスタコーヴィチ:オラトリオ「森の歌」、グリーンカ:歌劇「皇帝に捧げた命(イヴァーン=スサーニン)」よりフィナーレ、エルガー(ブランケン編):「戴冠式頌歌」より第5曲「希望と栄光の国」 ブランケン/ハーグ・レジデンティO他 (Mirasound Musica MS 20.7050 [LP])
  • アーヴィング・バーリン・イン・ラテンアメリカ マチートと彼のオーケストラ (Tico LP-1062)
  • ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第15番、ピアノ五重奏曲 ル・ゲ (Pf) ドビュッシーQ (Arion ARN 68675)
Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.からLPが届く。体調を崩していたために11月到着分を聴きそびれていたら、12月分が到着。年を越しての未聴盤は極力なくしたいので、まとめて聴く。

11月分最大の収穫は、ロジデーストヴェンスキイ指揮の交響曲第10番の旧盤。有名な全集録音の前(1982年)に録音されたもので、このLP以外、一切再発されていないはず。ショスタコーヴィチのHPなんかを作っているのに持っていないのは恥ずかしいと思いつつも、ずっと買い逃してきたもの。この度、めでたくもようやく入手することができた。全集盤とそう離れていない時期の録音である上に、録音エンジニアも同じなので、聴いた印象が大きく異なるということはない。ただ、一気呵成な音楽の流れは本盤の方が上。ロジデーストヴェンスキイ独特の粘り気がある鈍重さ(決して悪い意味ではない)はあまり感じられず、むしろ若々しいとさえ形容できるような推進力が魅力的な演奏である。全集盤との間に優劣はつけ難いが、未CD化であるのが惜しい演奏内容だと思う。

ウィンランドによるチェロ・ソナタ集は、地味ながらも安定した仕上がりで悪くない。ショスタコーヴィチでは、端正な弾き方が作品の抒情性を格調高く表出している。終楽章などでは若干鈍さを感じなくもないが、解釈としては一貫しているので聴き手の好み次第で評価が多少分かれるかもしれない。K. ハチャトゥリャーンの作品は、ロストロポーヴィチに献呈されたもの。ソナタ、というよりは各楽章に標題のついた組曲に近い印象。第4楽章のトッカータが、作曲者の個性がよく出ているとともに、ロストロポーヴィチにもよく合う曲調でなかなか面白い。

今回もSP盤を一枚入手したのだが、すぐに聴いて内容を確認できないため、一体どの曲なのかわからない。詩がドルマトーフスキイであることと、ローマナイズされたロシア語のタイトルから推測すると、組曲「エルベ河での出会い」作品80aの第3曲「エルベ河の歌」か「E.ドルマトーフスキイの詩による4つの歌曲」作品86の第1曲「祖国は聞いている」のどちらかだと思われるが、演奏者名でヒュームのカタログを調べても該当する音盤は載っていないため、今のところはお手上げ状態。いつか聴くことができたら改めて本欄ででも報告したい。

12月到着分にも、長らく入手が叶わなかった音盤が2枚含まれている。E. ハチャトゥリャーン指揮の「五日五晩」は、同じ顔合わせによる同時期の録音である「馬あぶ」の素晴らしい演奏内容から、是非とも聴いてみたいと思っていたもの。本盤でも、情感たっぷりの歌心やロシアン・テイスト満載の響きなど、このコンビの魅力が余すところなく発揮されている。音楽の流れも自然なもので、ベートーヴェンの「第九」の引用が出てくる箇所では、不思議と違和感なく聴こえてしまうほど。この作品の決定盤と言って構わない内容だが、CD化が一切されていないのは残念。

スヴェトラーノフ指揮の「ユダヤの民族詩より」は、Melodiya盤のカップリングが“あの”「ローマ三部作」だったために中古LPは結構な高値で出回っていた。Scribendumレーベルで「ローマ三部作」がCD化されたので入手しやすくなるかと思ったが、今までずっと買い逃してきた。今回入手できたのはLe Chant du Monde盤だが、こちらの方がカップリングの曲が興味深いので、目的がショスタコーヴィチ作品だとはいえ、ラッキー。ショスタコーヴィチは、柄の大きな音楽が特徴的。短編オペラのような雰囲気すら漂う。スヴェトラーノフらしい粘り気のある重厚な歌は、ユダヤ風というよりは徹底的にロシア風。こうした音楽作りの方向性の評価については聴き手の好みに委ねられるだろうが、本盤の欠点は女声の弱さ。これは声量ではなく、声質の問題。あまりにもきつ過ぎるのが気になる。これ以上考えられないような(録音された1980年時点では、大半が若手だったとはいえ)豪華メンバーのプロコーフィエフ作品は、溌剌とした音楽運びでこの曲の魅力を余すところなく表現し尽くした名演。スロニムスキイ作品は今回初めて聴いたが、どこかヤナーチェクの合唱曲を彷彿とさせる響きが美しい。合唱もさることながら、独特の楽器の使い方が印象に残る。作品の内容とか作曲背景などは、情報がなくて残念ながらわからなかった。

注文時のカタログには「Shostakovich: Seven Songs」としか書いていなかったMirasound Musica盤。現物を見てみると、オランダ語表記しかない… ヴランケンがハーグ・レジデンティOの音楽監督になって25周年記念…とかいうような内容のことが書いてありそうなのだが、正直、まったくわからない。「Het Lied van de Bossen」って何だ?と杉田玄白になった気分で作品を推測し始めたが、豪勢に合唱団が並んだ演奏会風景のジャケットを見れば一目瞭然。「森の歌」以外にありえない。一聴したところ、大編成ならではの壮麗な響きはするものの、オーケストラ、合唱共に力不足なのが明らか。第2楽章や第5楽章などでは鈍さが目立って楽しめないし、緩徐楽章では雰囲気のない単調な響きに退屈する。唯一終楽章は高揚感に満ちているが、少なくとも録音で聴き手を圧倒するには至らない。当時、長い低迷期にあったハーグ・レジデンティOの状態を窺い知ることができる。恐らくアンコールで演奏されたと思われるグリーンカ作品も同じ傾向。最後のエルガー作品は、有名な「威風堂々第1番」の中間部の元となった合唱曲。児童合唱の入った合唱の音程の不揃いが非常に気になるが、アンコールにあまりうるさいことを言っても仕方がないだろう。

さて、2005年最後の買い物はTower Records難波店で。注文していたCDが入荷したとのことで、それを引き取るのが主な目的。

注文していたのは、「アーヴィング・バーリン・イン・ラテンアメリカ」というアルバム。1950年代末、アルゼンチンを離れてニューヨークで過ごしていた時代の仕事だが、タイトルからも明らかなように、タンゴとはほとんど関係なく、アーヴィング・バーリンの作品をラテン・スタイルにアレンジした企画アルバム。編曲、あるいは演奏に加わったというはっきりとした証拠は残っていないようだが、斎藤充正氏の「アストル・ピアソラ闘うタンゴ」では、「How deep is the ocean」と「Be careful,it's my heart」の2曲がピアソラの編曲で、バンドネオンで演奏にも参加していると判断している。確かに、アルバムの他の曲とは明らかに雰囲気が違うので恐らく間違いはないだろう。基本的には資料的価値の観点で購入したアルバムではあるが、全体の雰囲気も悪くなく、何かの折に棚から引っ張り出すこともありそうな気がする。

いつものことながら、これだけでは寂しいのでショスタコーヴィチの棚をチェック。ドビュッシーQの弦楽四重奏曲全集の完結巻を見つけたので確保。ソレルQの全集も完結したようだが、こちらは第4巻以降を買いそびれたまま。さて弦楽四重奏曲第15番は、良くも悪くもこの団体らしい仕上がり。明るめの音色で流麗な音楽が繰り広げられる。この作品が持つ響きの微妙な多彩さや、密やかな歌心などが前面に出た個性的な演奏ということができるだろう。ただ、異様な心象世界という雰囲気からは遠く、そこに物足りなさを感じなくもない。となると、ピアノ五重奏曲の方が良いだろうと推測したのだが、もちろん悪くはないものの、残念ながらいまひとつ冴えない出来だった。ゆったりとした音楽の構えは良いが、スケール感や感情表現の起伏などに中途半端さが否めない。

本年の本欄への書き込みは、以上で終わりです。Tower Records渋谷店で買い込んだCDの半分以上が未聴のままになってしまったのが、何とも心残り。年明け早々に全て聴いて、また本欄に書き込みたいと思います。

不定期かつ、文字通りの“覚え書き”でしかない内容ではありますが、時折非常に有益かつ嬉しいメールなどを頂くこともあり、ご覧いただいている皆さんに感謝する次第です。来年もよろしくお願いいたします。では、皆さん、良いお年を。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. Tango_Piazzolla,A.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。