Buywellでの買い物

  • Cello Phapsody(シューマン:民謡風の5つの小品、ブラームス:6つの歌、ショスタコーヴィチ:2つの小品、ファリャ:スペイン民謡組曲、ニン:「スペインの歌」より、ヒナステラ:パンペアナ第2番) ペレイラ (Vc) ボラード (Pf) (Tall Poppies TP078)
  • ショスタコーヴィチ:チェロ・ソナタ、シニートケ:チェロ・ソナタ ペレイラ (Vc) ムーア (Pf) (Tall Poppies TP018)
  • ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第2番、バルトーク:ピアノ協奏曲第3番、2台のピアノと打楽器のためのソナタ オグドン、ルーカス (Pf) ホーランド、フライ (Perc) フォスター/ロイヤルPO、サージェント/ニュー・フィルハーモニアO (EMI 7243 5 74990 2 6)
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第8番 ブレイスウエイト/アデレードSO (ABC Classics 426 510-2)
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第11番、ジャズ組曲第1番、J. シュトラウス(ショスタコーヴィチ編):ポルカ「観光列車」 カエターニ/メルボルンSO (ABC Classics 476 8364)
Buywellというオーストラリアの業者から、初めてCDを購入。カエターニのCDが目当てだったのだが、せっかくなので目についたものも一緒に注文したところ、数枚の手配に時間がかかったようでオーダーから3ヶ月経ってようやく到着(業者の対応は非常に丁寧で好感が持てた)。目的のカエターニ盤は既に店頭にも並んでいたので、やっと聴くことができる…といった感じ。

さて、気の向くままに聴いていく。

ペレイラによる小品集は、主として各国の民謡を素材とした作品を集めたもの。チェロ用に編曲された曲ばかりである。ショスタコーヴィチの「2つの小品」とされているのは、バレエ「明るい小川」の「アダージョ」と、映画音楽「ミチューリン」の「春のワルツ」である。線が細いのか、全体にメリハリがあまり感じられない演奏である。優しい歌はそれなりに素敵だが、さして魅力的とは言えない。技術的には特に不安を感じない。

同じチェリストによるショスタコーヴィチのチェロ・ソナタも、やはり印象の薄い演奏。決して悪くはないのだが、平凡な感は否めない。シニートケのソナタも同様。

オグドンの協奏曲はLPで所有しているが、何となく目についたので衝動買い。余裕のある端正な音楽が素敵。オリジナルLPには含まれていなかった「2台のピアノと打楽器のためのソナタ」は、鋭い前衛性とは正反対の抒情的な美しさを湛えた好演。僕はもっとゴツゴツした手触りの演奏が好みだが、もちろんこういう方向性も悪くはない。

指揮者もオーケストラも初めて耳にするコンビによる交響曲第8番は、オーストラリア以外では入手し辛いのだろうと思って勢いで購入。これが意外に掘り出し物的な佳演だった。すっきりと整えられた響きの中に、真摯で力のある音楽が繰り広げられる。第2楽章は散漫な出来だが、それ以外は集中力に満ちた共感溢れる演奏に仕上がっている。

最後に、今回の目的だったカエターニのアルバム。交響曲第11番は、12月6日付の本欄で述べたミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディSO盤もあってどちらもライヴ録音だが、こちらはその2年後の演奏である。明るめの音色でしなやかに流れていく音楽作りは、本盤でも同様。音楽の集中力および燃焼度はこちらの方が上だろう。ただ、旧盤で異彩を放っていた鐘の音色は、ここではごく普通のものになっている。カエターニ自身に鐘に対するこだわりがあるのかどうか、この2枚を聴き比べる限りではよくわからない。ジャズ組曲第1盤番は、気だるさ漂うきれいな仕上がりだが、少々まったりとし過ぎであまり好みではない。おそらくアンコールで演奏されたと思われる「観光列車」の編曲は、貴重な録音。非常に美しくまとめられているが、ロジデーストヴェンスキイ盤のパンチが利いた演奏に耳が慣れているので、少々物足りない。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター