チェルヌシェンコの「10のロシア民謡」

  • ロシア民謡集 チェルヌシェンコ/レニングラード・グリンカ合唱団 (Yedang YCC-0162)
2004年12月28日付の本欄で紹介した「Yedang Classics Selection: X'mas Box-Set」(Yedang YBOX50XMAS)というBOXセットに含まれていたこの一枚。もっとも、この音盤が目当てで50枚組みのBOXを買ったのだが、今までずっと「2つのロシア民謡」作品104の第2曲しかショスタコーヴィチ作品が収録されていないと思い込んでいた。ところがつい先日、ちょっと調べ物をしていた時に「10のロシア民謡」Sans. op. Qも収録されていることに気づき、慌てて聴き直してみた。暖かく厚みのある響きと伸びやかな歌心が、実に素敵な演奏。既に持っているポポフ盤と優劣はつけられないが、僕はこちらの方が好き。ポポフ盤と同様に間奏の挿入の仕方の変更や、繰り返しの省略等があるのは残念だが、この類の楽曲では致し方のないところか。

CDジャケットには「10のロシア民謡」ではなく、各曲のタイトルのみが記されていたために、全く注意することなく聴き流してしまっていた。嬉しい誤算…には違いないのだが、一度は聴いていたにもかかわらず気づかなかったというのは何とも恥ずかしい。ショスタコーヴィチのファン、失格か(^^;
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター