ようやく3月の買い物録

  • ショスタコーヴィチ(M. ウトキン編):弦楽四重奏のための2つの小品より「エレジー」、24の前奏曲より(第1、16、3、8、11、17、18、19、21、22番)、24の前奏曲とフーガより(第20、21番)、バレエ組曲(「黄金時代」「ボルト」「明るい小川」からの抜粋) M. ウトキン (Vc) A. ウトキン (Ob) チェプリナ (Fl) エルミタージュCO (Caro Mitis CM 0082004)
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第7番 フェドセーエフ/モスクワ放送SO (Relief CR991079)
  • ショスタコーヴィチ:ミケランジェロの詩による組曲、イギリスの詩人の詩による6つの歌曲、交響詩「十月革命」 アブドラザコフ (B) ノセダ/BBCフィル (Chandos CHAN 10358)
3月も妙に忙殺された。気晴らしにTower Records難波店へ立ち寄ることができたのも一回だけ。目ぼしい収穫がなかった上に、この3枚を聴くことができたのも4月に入ってから。(^^;

面白そうな編曲集があったので、少々値は張ったが迷わず購入。独奏楽器の選択からも想像できるが、サロン音楽風の楽しい雰囲気の編曲はなかなか面白い。ただ、演奏自体はあっさりしていて物足りない。演奏も達者ではあるが、あっさりとした平凡なもの。「黄金時代」「ボルト」「明るい小川」の3作からの抜粋を再配列した「バレエ組曲」が、収録曲の中では一番楽しい。

フェドセーエフの交響曲シリーズは、前作第1&3番に続いて第7番がリリースされた。1996年録音の旧盤と同様に、沸き立つような音楽の流れが前面に押し出された独特の解釈である。残念ながら、僕はこの解釈に共感することはできなかった。歴史的・政治的な背景を度外視した純音楽的な解釈と言えなくもないが、それにしても、行間に込められた情感が吹き飛んでしまっているのは問題。オーケストラが意外と冴えないことも影響しているのかもしれない。先に出た第3番が素晴らしかっただけに残念だが、このでき不出来の振幅の大きさも、フェドセーエフらしいと言えるかも。

渋い選曲で、一部マニアの間ではそのリリースが話題となったノセダ/BBCフィルのアルバム。さしたる期待をすることなく聴いてみたところ、これが素晴らしい内容で嬉しい誤算だった。ミケランジェロ組曲の冒頭から、美しく落ち着いたアブドラザコフの声と瑞々しい抒情を湛えたオーケストラの響きに耳を奪われる。神々しい気高さというよりは、人間的な情感を格調高く歌い上げた演奏といえるだろう。欲を言うならば、たとえば第5曲「怒り」などには一層の狂的な暴力性を求めたいところ。イギリスの詩人の歌曲は、さらに優れた演奏に仕上がっている。温もりのある歌と、決して威圧的にならないオーケストラが紡ぐ響きが秀逸である。鋭さが後退している代わりに、親しい仲間に献呈したこの作品のある側面が見事に描出されている。十月革命も同様。余裕を持った温かみのあるオーケストラの音が魅力的で、スケールの大きな落ち着いた音楽ながら高揚感にも不足しない秀演。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター