HMV(通販)でお買い物(8月分)

weitblick-sss00592.jpg
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第3&14番 ゴーゴレフスカヤ (S) アレクサーシキン (B) M. ヤンソンス/バイエルン放送SO & Cho (EMI 0946 3 56830 2 8)
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第7番 M. ヤンソンス/ロイヤル・コンセルトヘボウO (RCO Live RCO 06002)
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第5番、ヤナーチェク:ラシュスコ舞曲集 テンシュテット/ミュンヘンPO (Weitblick SSS0059-2)
  • スメタナ:ピアノ三重奏曲、ショスタコーヴィチ:ピアノ三重奏曲第2番 ローマ・ピアノ三重奏団 (Genuin GMP 04509)
8月上旬にHMVでオーダーしたものが、届いた。

M. ヤンソンスの交響曲全集、最後の一枚。丁寧に整えられたアンサンブル、無難なテンポ設定、模範的な楽曲解釈…ではあるのだが、どこか物足りないという、一連の全集録音の特徴を端的に示したような内容である。第3番は、後半の合唱が壮麗で立派なものの、前半部がいかにも表面的で退屈する。不出来な部類に入る作品とはいえ、もう少し魅力的な箇所があってもよいはずだ。第14番もごくオーソドックスな解釈で、スコアの再現という点では上質の演奏ということができるだろう。ゴーゴレフスカヤが精彩を欠くものの、アレクサーシキンの歌唱は流石に貫禄を感じさせる。しかし、この作品にはもっと鬼気迫る叫びや、凍てつくような静寂、病的な美しさ…といった常軌を逸した表現が必要不可欠のはず。あまりにも常識的な音楽に終始しているこの演奏では、この作品の魅力や凄さを知ることはできない。

ロイヤル・コンセルトヘボウOの自主制作レーベルからも、同じくM. ヤンソンス指揮のライヴ録音がリリースされた。こちらは、なかなか良い。極上のオーケストラを伸び伸びと歌わせる、ヤンソンスの手腕が存分に発揮された佳演といえるだろう。解釈上の新機軸があったり、聴き手に新たな発見をさせるような音楽ではないが、作品に対する素直な取り組みに好感が持てる。オーケストラの幾分くすんだ響きのおかげで、どこか節度を持った上品さも感じられる。

テンシュテットの新譜は、ミュンヘンPOとの珍しい顔合わせによるもの。1975年の放送用録音ということで、マイクが近すぎる感は否めないものの音質は良好。冒頭から密度の高く緊張感に貫かれた音楽が展開される。やや病的なまでに張り詰めた雰囲気はテンシュテットならではのものだろうが、全体の構成は至極真っ当で、細部まで磨き抜かれた表現には説得力がある。明るめの音色で壮麗かつ熱く繰り広げられる音楽はスケールが大きく、非常に素晴らしい演奏である。テンシュテットらしさを期待する向きには物足りなさもあるだろうが、ショスタコーヴィチ作品の演奏という立場から考えるならば、1985年の録音(裏青)よりこちらの方が好ましい。ヤナーチェクのラシュスコ舞曲集という作品は初めて聴いたが、とても美しく楽しい音楽。こちらも極めて優れた演奏。

今回唯一の室内楽であったローマ・トリオのアルバムは、平凡な内容。技術的な破綻はなく、解釈も至極真っ当なもの。ただ残念なことに、各奏者の音にこれといった魅力が感じられない。優等生的な安全運転の音楽作りも、物足りなさの一因だろう。

ようやく、たまりにたまった未聴盤が一掃できた。何とも爽やかな気分である(^^)。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター