スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーケストラ・アンサンブル金沢

oek06.jpg
  • オーケストラ・アンサンブル金沢 大阪定期公演
    • モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」序曲 K.527
    • モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番 イ長調 K.219
    • J. S. バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番 ニ短調 BWV1004より第3曲「サラバンダ」【アンコール】
    • モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番 ハ長調 K.467
    • モーツァルト:ピアノ・ソナタ第11番 イ長調 K.331より第3楽章【アンコール】
    • モーツァルト:交響曲第35番 ニ長調「ハフナー」K.385
    • モーツァルト:行進曲 ニ長調 K.335【アンコール】
       2006年9月23日16:00~ ザ・シンフォニーホール
       指揮:井上道義、Vn独奏:バイバ・スクリッド、Pf独奏:菊池洋子
    井上道義氏に呼び出されて、オール・モーツァルト・プロなんて僕には似合わねぇなぁ…と思いつつ、久しぶりのコンサートに足を運んだ。OEKを聴いたのは、京都市交響楽団の定期演奏会でベルリオーズの幻想交響曲を合同で演奏した時以来だと思うので、実に10年ぶりくらい。

    会場はほぼ満席で、補助席も出された上に立ち見もいる大盛況。本来この公演は岩城宏之氏が振る予定だったもので、プログラムも岩城氏が決めたものをそのまま“代理”で井上氏が演奏したとのこと。井上氏は、冒頭の「ドン・ジョヴァンニ」序曲から持ち前のエネルギッシュで活力に満ちた音楽を繰り広げたが、オーケストラのアンサンブルはやや雑然としていて少々集中力に欠けていた感は否めない。管楽器の音程も不安定。1曲目だから仕方ないのだろうが。

    スクリッドの独奏によるヴァイオリン協奏曲は、なかなかの好演。凛とした美しさの際立つソロは、音量はそれほどでもないものの線の細さは感じさせず、節度を保ちながらも十分な表現意欲を持っていた。オーケストラも手堅いサポートぶりで、端正な仕上がり。アンコールは、技術的な不満は特にないものの、少々あっさりしすぎ。

    後半最初のピアノ協奏曲は、う~ん…… 技術的には達者で、良く言えば堂々とした風格を感じさせる独奏ではあったのだが、率直に言って音楽的には退屈。たとえば終楽章の最後なんて、居ても立ってもいられなくなるような高揚感を持った音楽のはずだが、何事もなく終ってしまう。オーケストラはどうにも集中力を欠いているようで、独奏との呼吸が揃わない。一貫した音楽の流れの感じられない散漫な演奏で、アンコールでも印象は変わらなかったが、聴衆は随分と盛り上がっていた。

    と、ここまでの正直ぱっとしない印象を一気に払拭したのが、最後の「ハフナー」。井上氏とOEK、そしてモーツァルトの美質が存分に発揮された名演で、終始ワクワクしながら音楽を堪能することができた。こんなに活き活きとして覇気に満ちた、それでいてチャーミングな音楽は、久しぶりに聴いた。ブラボー!

    井上氏からの、この共演を「棚からぼた餅」だとユーモアを交えつつも、「岩城さんはきっと指揮台の近くにいらっしゃると思います」というスピーチの後、井上氏の本領発揮とも言える全身を駆使したパフォーマンスで奏でられたアンコールで、何とも楽しい雰囲気の中、コンサートは幕を閉じた。
    スポンサーサイト

    theme : クラシック
    genre : 音楽

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。