スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未聴LP(9・10月分)

columbia-ml2121.jpg
  • Modern Music for Strings(ショスタコーヴィチ:弦楽八重奏のための二つの小品、バルトーク:ルーマニア民族舞曲、ラフマニノフ:セレナード 作品3-5、A. シュルマン:弦楽のための夜想曲、ヒンデミット:器楽合奏のための学習用作品より S. シュルマン/ストイヴェサント・シンフォニエッタ (Columbia ML 2121 [10" mono])
  • ショーソン:ヴァイオリンとピアノ、弦楽四重奏のための協奏曲 I. オーイストラフ (Vn) ゼルツァロヴァ (Pf) ショスタコーヴィチQ (Melodiya A10 00027 006 [LP])
  • ミャスコーフスキイ:交響曲第5番 イヴァーノフ/ソヴィエト国立SO (Melodiya D-01446-7 [LP])
  • ミャスコーフスキイ:交響曲第7番、鎖の環より ギンズブルグ/モスクワ放送SO (Melodiya 33D 024003-04 [LP])
  • ミャスコーフスキイ:交響曲第16&21番 イヴァーノフ/ソヴィエト国立SO (Melodiya D 09415-6 [LP])
  • ミャスコーフスキイ:交響曲第17番 ガウク/モスクワ放送SO (Melodiya D 07395-96 [LP])
  • ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第4番、ヴェリン:PC-132弦楽四重奏曲第2番、ヴィレーン:弦楽四重奏曲第5番 サウレスコQ (Caprice CAP 1024 [LP])
  • ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第1番 ストイヴェサントQ (Columbia Set X-MX-231 [12" 78 rpm])
Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.で10月頭に注文した品が届いた。いつも通り船便で注文したのだが、どうやら航空便で送られてきたようだ。

シュルマン指揮による弦楽合奏曲集、その最初にショスタコーヴィチの作品11が収録されている。ジャケットには第1曲だけのように記されているが、実際には全曲が収められている。やや感傷的な歌に流れがちな気もするが、音楽の雰囲気自体は悪くない。アンサンブルそのものはごく標準的なレベルではあるが、第2曲は技術的に相当苦しい。他の曲も同じ印象だが、技術的難易度の高い曲はないので、とりたてて不満を感じることはない。

ショスタコーヴィチ関係ではこの1枚しか収穫がなかったので、何か目ぼしいものはないかとカタログを眺めていたら、I. オーイストラフ他によるショーソンのコンセールを発見。父親のD. オーイストラフ、オボーリン、ボロディンQによる同曲のライヴ録音は濃密な表情と響きが傑出した名演だが、息子のイーゴリにそのレベルの演奏を期待する方が間違っているわけで、何かのネタにでもなれば…程度の軽い気持ちで注文してみた。イーゴリのヴァイオリンは、品のないヴィヴラート、不安定な音程といった彼の特徴がよく出たもの。音楽的にも平凡。ショスタコーヴィチQはこれといった主張をすることもなく、存在感が薄い。妙だったのはピアノ。ペダルの使い方に特徴があるのだろうか、滑らかさがなく、この作品ならではの濃い雰囲気が全くと言ってよいほど表出されていない。この音盤を聴くことは、たぶんもうないだろう。

2枚だけというのも寂しいので、引き続きカタログを眺めている内に、なぜだか分からないがふとミャスコーフスキイの名が浮かんできた。今、手元にあるCDは第1、2、19、22番だけなので、とりあえずカタログを検索したところ4枚がヒットした。いずれも安価だったので全て発注。気に入った曲があれば違う演奏者の音盤も聴いてみようとは思うが、まずは“旧き佳きソヴィエト”の演奏家で全27曲を一通り聴くことができれば、と思っている。スヴェトラーノフの全集CDを買うよりは、はるかに安くおさまりそうだし。

番号順に聴いてみようということで、まずは第5番から。全曲を通して平穏な抒情美に満ちた佳曲。旋律自体が特別素晴らしいわけではないし、第1楽章などでは若干の冗長さも感じられる。しかし、それでもなお、どこか素朴さの漂う音楽的風景の魅力はなかなかのものである。イヴァーノフの土臭い音楽も、作品の魅力を一層高めている。

第7番は、うって変わって暗く劇的な内容。しかしながら、構成が散漫なのか、焦点がはっきりとしないまま延々と音楽が続いていくような感じで、率直に言って退屈した。カップリングの「鎖の環」を聴く限りでは、メリハリのある響きと思い切った歌い込みには不足していないので、こうした不満は演奏者の責任ではないのだろう。

第16番は、英雄的な柄の大きさとロマンティックな抒情とのバランスが素晴らしい、優れた作品である。第5番にもまして、イヴァーノフの音楽性との相性が良い。興味深いのは、この作品の作曲がショスタコーヴィチの交響曲第4番とほぼ同時期に進められていること。ミャスコーフスキイとショスタコーヴィチとの25歳という年齢差の故だけとは思えない作風の違いが、何とも面白い。一緒に収録されている第21番では、さらに深化した抒情性が極めて感動的である。単一楽章にまとめられた構成も緊密で素晴らしい。スターリン賞を受賞したというのも頷ける。

順序が前後したが、最後は第17番。初演者かつ作品の被献呈者であるガウクの演奏。今回聴いた曲の中では、最もロシアらしさに満ちた作品で、どこかラフマニノフの交響曲第2番を彷彿とさせるような旋律美と劇的な力強さが印象的であった。ガウク/モスクワ放送SOならではの、前時代的なホルンのヴィヴラートをはじめとする強烈なローカル色も、こうした印象を強くしている一因なのだろう。この曲なんかは、実演でも一般の受けは良いだろうし、編成もごく普通なのだから、もっと演奏されてもおかしくないと思う。

…と、ちょうど一通り聴き終えたところで、9月頭に注文した品が届いた。こちらは、きちんと船便で送られてきたようだ。

スウェーデン放送SOの首席奏者によって結成された弦楽四重奏団、サウレスコQのアルバムは、いかにも北欧の団体らしい木の香りが漂う響きが美しい。素朴で伸び伸びとした歌心はこの曲に相応しく、実に魅力的な音楽に仕上がっている。ただ、非常に残念ながら音の間違いが少なからずある。使用楽譜のミスプリントなのか、単なる譜読み上の問題なのかははっきりとしないが、音楽そのものの水準が高いだけに惜しまれる。他の2曲は、共にこの団体に献呈された作品。どちらも難解さや晦渋さとは無縁の平明な作品で、心地よく聴けた。

ストイヴェサントQは、最初に触れたストイヴェサント・シンフォニエッタの指揮をしていたS. シュルマンが第一Vnを務める団体。残念ながらSPなので、すぐに聴くことはできない。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 作曲家_Chausson,E. 作曲家_Myaskovsky,N.Y.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。