スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮国立交響楽団の「レニングラード」

dpr-ssoc115.jpg
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第7番 キム/北朝鮮国立SO (KMC SSO-C-115)
  • Riley,J.,Dmitri Shostakovich: A Life in Film,I.B.Tauris,London,2005.
  • アードイン,J.・亀山郁夫訳:ゲルギエフとサンクトペテルブルグの奇蹟,音楽之友社,2006.
1週間ほど前、僕のサイトを見たという人からメールをもらった。“very surprising CD of Shostakovich”を見つけたとのこと。北朝鮮製のCDで、東京のある店で入手可能だという。そのメールに記されていたURLをチェックすると、確かに在庫があった。こういうご時勢なので、正直なところ色々なことが頭をよぎったりもしたが(工作員からのメールか?妻子がいるのに通販はやばいよな?かの国の外貨獲得に貢献するのもちょっと…ぃゃ…冗談ですけどね)、こういう“キワモノ”をスルーできない哀しい性。あまりにも都合よく東京で仕事があったので、合間をぬってゲットしてきました。

特に迷うことなく到着して店内に入ったものの、目的のCDがどこにあるのか分からず、店員さんにメモを見せて取り出してもらう。「これですね?」……読めやしねぇ……ショスタコーヴィチ蒐集のために、これからはハングルも勉強しなきゃならないのか…と困惑していると、親切にも「レニングラードですけど」と店員さんが助け舟。ということで、何事もなくあっさりと入手できた次第。このCD、『国立交響楽団第15集「外国音楽集1」』というタイトルになっていて、録音年は不明だがマルPは主体94年(2005年)、レーベルはKMC(Kwangmyong(光明) Music Company)である。ライナーは二つ折りの一枚紙で解説の類は一切なく、牡丹峰 (モランボン)劇場とオーケストラの写真、それにオーケストラの簡単な説明(朝鮮語と英語)のみ。写真を見る限りでは、かなりの大編成である。

さて、演奏は…先入観抜きに、どこか奇妙なもの。使用楽譜のせいなのか細かい音の違いがあったりするものの、テンポ設定や解釈自体はごく普通の演奏。問題は、全体の響きである。ゴリゴリとささくれ立って突き刺さるような弦楽器の音色はあまり良い楽器を使っていないのかもしれないが、それでいて音程やヴィヴラートが気持ち悪いほど揃い過ぎている。それが、異様に電子的なエコーをかけられて響いているので、どうにも違和感がある。管楽器も音をはずすようなことはないが、まるでシンセサイザーのような音色。しかも、音量的に盛り上がることがあっても、音楽そのものは徹底して冷ややかなまま。こんなアルバムに必要以上の手間をかけているとも思えないので、普通に何度かのテイクを編集しているだけなのだろうが、とても人間が演奏しているようには思えない。まぁ、話のネタとしては十分に楽しませてもらいましたが(^^)

ショスタコーヴィチ全作品解読』の執筆作業中は、収拾がつかなくなったら困るので、ショスタコーヴィチ関係の新刊書籍を新規に買い込むことはしなかった。無事に出版に至ったので、前から気になっていた本をいくつか米Amazonで購入。まず、Rileyの映画本を読了。ショスタコーヴィチが関わった映画の全てについて、そのあらすじとソ連映画史における位置付け、そしてショスタコーヴィチの音楽の内容を丁寧にまとめた好著である。学術的な分析の類はないが、111ページ(本文のみ)という分量ながらも概説のレベルを超えた詳細な記述は圧巻。『全作品解読』にも要修正箇所が見つかったので、ここに書き留めておくことにする。もし版を重ねることがあれば、その際に訂正したい。
  • 組曲「忘れがたい1919年」の第5曲「美しきゴーリキイへの猛攻撃」という表題について:
    ヒュームのカタログにある「The Assault on Beautiful Gorky」という英語からそのまま訳出していたが、本書pp. 73~74の記述によると「Штурм Краснаы Горки」を「Штурм Прекрасное Горкий」と誤読したことに起因する誤訳らしい。本書では「The Assault on the Red Hill」という訳が与えられている。ただし、「Красная Горка」は確かに直訳すれば「赤い丘」ということになるのだが、実際に「クラースナヤ・ゴールカ」という町名が存在するので、ここは「クラースナヤ・ゴールカの猛攻」と訳すのが適当だと思われる。ちなみに、この町がどこにあるのかをロシア地理雑学・都市データサイトで調べてみると、ニジニ・ノヴゴロド州のヴォロダルスク地区にあるとのことだが、僕が持っている2004年発行の地図帳『Атлас России』ではバシコルトスタン共和国(旧バシキール自治ソビエト社会主義共和国)の首都ウーファ近くの町しか索引に載っていない。映画のことを考えると、ニジニ・ノヴゴロド州の町だと思うのだが、詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。
  • DSCH社の新全集の第32巻で初出版が予告されている映画「戦争屋」の「ドイツ行進曲」について:
    この映画は1940年代末に、アルンシタムが取組んだものの脚本段階で頓挫したとのこと(本文p. 68)。それを手がかりにネットで検索してみるとNew York Timesのサイトがヒット。「Arnshtam's successful career took a major hit in 1950 with his unfinished production,The Warmongers,said to be one of the most vicious anti-American films of the Cold War.」ということなので、ショスタコーヴィチが「ドイツ行進曲」を作曲したのも「1940年代末~1950年」で間違いなさそう。
もう一冊は、ショスタコーヴィチ関連文献というわけではないのだが、ゲールギエフとマリインスキイ(旧キーロフ)劇場の歴史を扱った本を、書店の店頭で購入。約450ページの大著だが、わりと面白くて一気に読んでしまった。ゲールギエフがキーロフ劇場のポストに着任してからの出来事を中心に、劇場の歴史を辿っていく構成。ショスタコーヴィチ関連の記述は、ゲールギエフが振った「ムツェンスク郡のマクベス夫人」についてのみ。面白かったのは、訳者あとがきの中で、亀山氏がゲールギエフにインタビューした際の一節:「この交響曲(第4番)は、あくまでも人間についての交響曲であって、体制についての交響曲ではない。人間について、つまり人間の悲劇をめぐる交響曲なのです(本書pp. 407~408)」。『音楽の友』誌12月号にはロストロポーヴィチのインタビューが掲載されていたが、そこでもロストロポーヴィチがショスタコーヴィチの交響曲第8番のことを「心象風景」という言葉を使って似たようなニュアンスで語っていた。両者ともに、体制との関わりでショスタコーヴィチ作品を語ることも少なくなかっただけに、ちょっと新鮮な感じがした。彼らがごく自然にこのような発言をしているのを見ると、ショスタコーヴィチ受容も新たな段階に来たように思える。

Dmitri Shostakovich: A Life in Film (The Kinofiles Filmmaker's Companions)Dmitri Shostakovich: A Life in Film (The Kinofiles Filmmaker's Companions)
(2005/02/05)
John Riley

商品詳細を見る

ゲルギエフとサンクトペテルブルグの奇蹟―マリインスキー劇場のサバイバルと挑戦ゲルギエフとサンクトペテルブルグの奇蹟―マリインスキー劇場のサバイバルと挑戦
(2005/12/01)
ジョン アードイン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。