スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津田蓄音機店

stern60.jpg
  • アイザック・スターン生誕60年記念コンサート(J. S. バッハ:2つのヴァイオリンのための協奏曲、ヴィヴァルディ:3つのヴァイオリンのための協奏曲 ヘ長調、モーツァルト:協奏交響曲) スターン、パールマン、ズッカーマン (Vn) メータ/ニューヨークPO (CBS 28AC 1192 [LP])
  • ブリテン:聖エドモンズ墓地のためのファンファーレ、ロッキー:Music for his Majesty's Sackbuts and Cornetts、シャイト:アングルのベルガマスカの模倣によるカンツォーナ、ガブリエリ:第7旋法によるカンツォン第1番、クービク:世紀のファンファーレ、プレムルー:ティッシントン変奏曲、ハマーソン:シャドウ・プレイ、ヒンデミット:朝の音楽 マルメ金管アンサンブル (BIS LP-59 [LP])
所用があって京都へ。途中1時間ほど空き時間があったので、ふらっと津田蓄音機店へ。安価な中古LPが並んでいる上に遅めの時間まで営業していたので、学生時代はよく通ったものだ。もう何年振りかわからないが、とりあえず21世紀になってからは初めてだと思う。残念ながら掘り出し物はなかったが、せっかく立ち寄ったので思いつきで2枚を購入。

スターンの還暦記念演奏会のアルバムは、その存在を僕は知らなかったが、別に珍しいものではないだろう。確かに豪華メンバーで3人とも実に良い音がしているが、演奏そのものは聴き手を圧倒するほどのものではない。

マルメ金管アンサンブルのアルバムは、聴いたことのないブリテンの小品が収録されていたので購入してみた。16~7世紀の作品と現代曲とが組み合わされた内容で、録音が優れているせいか、全体を通して何とも心地の良い響きに満ちている。金管アンサンブルはめったに聴くことがないので、まろやかで輝かしい響きを堪能した。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。