スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マクベス夫人」のヴォーカル・スコア

lady_reprint.jpg
  • 歌劇「ムツェンスク郡のマクベス夫人」,ヴォーカル・スコア,1935年版リプリント,DSCH,2003.
目先の雑事や締め切りに追われている内に、気がつけばもう7月。今年の内にやらなければいけない事もやりたい事も、まだまだ山積み。クーラーが壊れて不快極まりない研究室でも、夏バテしている暇はないですね。(^^;

6月17日(日)には、いつもエキストラとしてお邪魔させていただいている宝塚市交響楽団の第42回定期演奏会に出演した。プログラムは以下の通り:
  1. ワーグナー:歌劇「タンホイザー」序曲
  2. ベートーヴェン:交響曲第4番
  3. ブラームス:交響曲第4番
     指揮:藏野雅彦   2007年6月17日(日) いたみホール
ブラームスはかぶとやま交響楽団の第21回定期演奏会(1999年3月)で、ウィーンPOのホルン奏者ストランスキー氏の指揮で演奏したことはあったが、それ以外の2曲は全く初めて。ブラームスにしたって、8年以上も前のことなので(当時はまだ独身だった僕も、8年経てば2児の父親…)指先には全く記憶が残っているはずもなく。(^^; しかし、こういう“王道”のプログラムは実に難しいですね。結局のところ、全てにおいて清潔に演奏するしかないのだろう。一年に数えるほどしか楽器のケースを開けなくなった最近では、不潔極まりない演奏しかできず… 反省しきり。

先日、四重奏をして遊んだ大先輩に誘われて、京都大学交響楽団の第181回定期演奏会(西宮公演)にも足を運ぶ。こちらのプログラムは以下の通り:
  1. シベリウス:「カレリア」序曲
  2. ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番
  3. ラフマニノフ:交響曲第2番
     指揮:平井秀明 独奏:漆原啓子 (Vn)  2007年6月28日(木) 兵庫県立芸術文化センター
仕事があったので開演時間には間に合わなかったが、急いだ甲斐があって2曲目のブルッフには間に合った……のだが、先輩が受付に預けてくれていたチケットが手違いで「預かってない」と言われて、結局休憩までロビーで待ちぼうけ。僕が高校生の頃、若くて美人で巧い新進のヴァイオリニストとして活躍していたことが印象に残っていることもあり、漆原さんのソロは聴きたかったところだが、まぁ学生オケの演奏会だし、あまり文句を言っても仕方ないでしょうね。唯一聴けたラフマニノフは、なかなかの好演。フレーズの息の長さや、和声進行を踏まえたタメなどには不足していたが、そこまで求めるのは酷と言うものだろう。端正かつしっかりと歌い込んだ演奏は、十分に作品の魅力を表出していた。金管陣はやや不調だったようだが、ホルンは大変上手でした。非常に感心したのは、ティンパニ。もっと炸裂して欲しい箇所もあったが、こんなに音楽的なティンパニは、アマオケ(学生、社会人問わず)ではめったに聴けるものではない。終演後は、駅近くにあるビアカフェへ。Hoegaardenが品薄ということで飲めなかったのは残念だが、美味しいビールを堪能。ちょっと優雅な一時でした。

6月21日付の本欄で紹介したタヒチ・トロットの自筆譜ファクシミリを見つけたことをきっかけに、何となく色々な楽譜商のネット通販サイトを検索していたところ、Ruslania Books OYというフィンランドの業者を発見。DSCH社の楽譜の品揃えもよく、ロシア国内から直接手配しているのか、価格も安い。試しに、「ムツェンスク郡のマクベス夫人」の1935年版リプリント(ヴォーカル・スコア)を注文してみた。38ユーロという価格設定は、破格と言ってもよいのではないだろうか。ただ、送料が同じくらいかかる(一番安い=遅い配送方法で)のと、最近のユーロ高については十分に覚悟しておかなければいけないが。梱包も丁寧で、10日足らずで届いたことを考えると、良心的で信用できる業者のようだ。

さて、この1935年版は、現在最も容易に入手できる「マクベス夫人」のヴォーカル・スコアであるだけではなく、「カテリーナ・イズマーイロヴァ」への改訂作業の元となった版でもあり、「マクベス夫人」の決定稿とも見なせる版だけに、資料的な価値も高い。全ての歌詞を丹念に調べていくのは、一介のアマチュアの手に余る作業だが、最新の研究成果を勉強する上で、手元に置いておきたい一冊である。もちろん、ピアノを弾きながら歌ってみるのもまた良し。僕はピアノが全然弾けないのだが、セルゲーイに夜這いをかけられる前の有名なカテリーナのアリアや、終幕の「セリョージャ…」くらいなら、何とかなる。何とも美しい和声に恍惚としながら節を呻いていたら(当然、ヴィシネーフスカヤの声に脳内変換されているわけだが)、家人に白い目で見られてしまった。あぁ哀しき中年男。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 演奏活動_宝塚市交響楽団

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。