アレクサーンドロフ・アンサンブルの地味なアルバム

mel-d61612.jpg
  • ノーヴィコフ:ロシア、A. アレクサーンドロフ:ウクライナの詩、ブラーンテル:山の向こうに陽が沈む、ショスタコーヴィチ:平和の歌(映画音楽「エルベ河での出会い」より)、ロシア民謡:Степь да степь кругом、通りは吹雪が吹いている、昇れ赤い太陽よ、七人のお婿さん プチコフ (T) セルゲーエフ (B) コズローフスキイ (T) ディデンコ (T) B. アレクサーンドロフ/アレクサーンドロフ歌と踊りのアンサンブル (Melodiya D 6161-2 [10"mono])
  • チャイコーフスキイ:「なつかしい土地の思い出」より「メロディ」、「スケルツォ」、ショスタコーヴィチ(ツィガーノフ編):4つの前奏曲、ヴィエニャフスキ:伝説曲、サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ ジューク (Vn) フークス (Pf) (MK D-4292-3 [10"mono])
  • ボワモルティエ:ファゴット協奏曲、マリピエロ:セレナータ(ファゴットと10の楽器のための)、グバイドゥーリナ:ファゴット協奏曲 ポポーフ (Fg) ロジデーストヴェンスキイ、メシャニノフ/ソヴィエト国立SOソリスト・アンサンブル (Melodiya 33 C 10-12749-50 [LP])
Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.からの8月到着分。

アレクサーンドロフ・アンサンブルのアルバムは、わりと地味な作品ばかりが収録されている。僕にとっては、ブラーンテルとショスタコーヴィチの作品以外は全て初めて聴くものばかり。お目当てだったショスタコーヴィチ作品は、既に所有しているものと同じ音源だと思われるので、初耳の作品を純粋に楽しんだ。「ロシア」の泥臭い叙情、「ウクライナの詩」の無駄に劇的な盛り上がりなど、このアンサンブルの魅力が全編通じて余すところなく発揮されている。

ジューク(Zhuk)のヴァイオリンは、精確で切れ味の鋭い典型的なロシア流儀のもの。この手の小品集には非常に相応しい。少々生真面目に過ぎるが、真摯で丁寧な演奏には好感が持てる。ただ、ピアノが終始控え目な“伴奏”に徹しているため、全体としてはおとなしい演奏になっているのが惜しい。

ポスト・ショスタコーヴィチの三羽ガラス的な触れ込みで我が国に紹介されたシニートケ、デニーソフ、グバイドゥーリナの3人だが、かろうじてシニートケの作品はいくつか聴いているものの、残る2人の作品は全くと言ってよいほど知らない。代表作が何かとか、名演かどうかといったことにこだわっていては、いつまでも広がらないので、とりあえず何かきっかけがあったら手当たり次第…というアプローチで新規開拓してみることに。今回初めて聴いたファゴット協奏曲は、手元にある数少ないグバイドゥーリナ作品の一つ「魂の時」とほぼ同時期に作曲されたもの。技法や内容における共通点などを見出したりする段階では全くないが、低音楽器にこだわった編成の地味ながらも美しく多彩な響きは、とても魅力的である。グバイドゥーリナ独特の形式感というか、展開のようなものがまだよく分からないので、作品の内容についてはコメントを差し控えたい。演奏は、少なくとも技術的な不満は皆無で、安心して音楽に身を委ねることができる。ボワモルティエとマリピエロは、どちらもファゴットが前面に押し出された、いわゆる協奏曲といった風情。作曲された時代は全く異なる2曲ではあるが、伸びやかで味のある音色に加えて、ロジデーストヴェンスキイの手堅くも自在な伴奏が光る。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : USSR大衆歌曲. 作曲家_Gubaidulina,S.A.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター