スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコラーエヴァのDVD

  • ショスタコーヴィチ:24の前奏曲とフーガ ニコラーエヴァ (Pf) (medici arts 3085248 [DVD])
  • ヴァーインベルグ:ピアノ三重奏曲、ショスタコーヴィチ:ピアノ三重奏曲第2番 ウィーン・レシェティツキー三重奏団 (Cascavelle VEL 3104)
11月にHMVにオーダーした音盤(12月16日17日1月9日の記事)の内、入荷が遅れていた2枚が年明け早々立て続けに届いた。まだガーウクの10枚組BOXが未聴のまま残っているのだが、まずは“小物”から処理してしまおうと、こちらを先に視聴する。

ニコラーエヴァによる「24の前奏曲とフーガ」の全曲録音は3種類あるが、4種類目が映像でリリースされるとは予想もしていなかった。なんとなく買いそびれていただけなのだが、オーダー後に在庫状況の欄が「入手困難」となった時は少々焦った。DVDはすぐに入手できなくなることも少なくないので、新譜情報を入手したら早めに確保しなければと反省した次第。まぁとにかく、無事に入手できてよかった。

全4種類の内、この映像が最も演奏時間が短い。カメラの前でライヴ的な集中力を発揮したことも大きいのかもしれないが、最晩年(死の1年前)に到達した枯淡の境地というべきか、重厚でありながらも不思議と軽さを感じさせる音楽づくりが、演奏時間にも反映しているのだと思う。技術的には心もとない瞬間もあるのだが、フーガの多彩な音色はさすが。全て暗譜で、息つく間も惜しむように次々と弾き続けていく様は、各曲の独立性よりは「24の前奏曲とフーガ」という一つの作品の巨大な姿を夢中で描き出しているようにも見える。ピアノが弾けない僕には映像があるメリットはあまり感じられなかったが、CDだったら2枚ないし3枚のディスクを交換せずに途中でやめてしまうことが多いが、DVDだと1枚である上に演奏姿まで見せつけられるので思わず一気に最後まで聴いてしまいそう。24の小品集としてではなく、一つの作品としてその全貌を感じ取るには、またとないメディアと言えるかもしれない。

この種のDVDに付き物のボーナス・トラックは、ニコラーエヴァがこの作品について語ったインタビュー映像。この作品が生まれるきっかけとなった1950年のバッハ没後200年祭関連の映像などもほんの少し挿入されるが、基本的にニコラーエヴァの語りと演奏風景(本編と同じ)が中心である。それほど目新しい話はないのだが、全24曲が一つの有機体を形成しているというニコラーエヴァの解釈は、確かに納得がいく。とはいえ、150分を一気に聴き通すのは骨が折れるのも事実。ニコラーエヴァは「交響曲でも弦楽四重奏曲でもなく、この曲集こそがショスタコーヴィチの内面が赤裸々に吐露された日記帳のようなものだ」というK. ザンデルリンクの言葉を紹介しているが、気の向くまま、その日記帳の気に入ったページを捲るような聴き方も、それはそれでまた悪くないのだろう。

最後に入荷したピアノ三重奏曲のアルバムは、いかにも売れてなさそうな雰囲気で、そろそろ入手しておかなければ新品だけではなく、中古市場にも出回らないかもしれないという危機感から注文したもの。が、意外にもどっしりとした手応えのある好演に、良い意味で期待を裏切られた気分。いわゆるロシア流儀の濃厚な節回しではなく、変に力まず、それでいてスケールの大きな音楽を奏でていて、とても気持ちが良い。共感に満ちたヴァーインベルグ、しっかりと弾き込んだ安心感のあるショスタコーヴィチ、どちらも優れた演奏である。ただ、最新録音にも関わらず、音質には感心しなかった。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。