スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【YouTube】ショスタコーヴィチ:交響曲第13番(ドーニ/ゲールギエフ指揮)

1991年12月8日、ソ連の消滅とCIS(独立国家共同体)の創立を宣言するベロヴェーシ合意がなされた。続く12月21日にはカザフスタンで行われた首脳会議にてアルマトイ宣言に調印した8カ国(ロシア、カザフスタン、タジキスタン、ウズベキスタン、キルギス、ベラルーシ、アルメニア、アゼルバイジャン)が参加してCISが発足することになる。この際、客員参加国として名を連ねたのが、ウクライナとモルドバであった。言うまでもなくウクライナは、大祖国戦争時に10万人以上のユダヤ人が虐殺されたバービイ・ヤールの悲劇の舞台である。そのウクライナと隣接するモルドバ(モルドバといえば、「恋のマイアヒ」で知っている人の方が圧倒的多数だろうが)のオーケストラが、ソ連からの独立を果たし、新体制へと移行しつつあるまさにその最中に行った演奏会の記録が、YouTubeにアップされていた。曲目がショスタコーヴィチの交響曲第13番だということには、明らかな政治的意図があったに違いない。演奏の水準は、率直に言ってあまり高くはない。しかし、こういう状況下で行われた演奏の記録を、純粋に音楽的な側面からのみで評価するのもつまらない。演奏者にしてみれば単に楽曲の難易度が高いゆえにやむなく熱気を放出してしまっただけなのかもしれないが、歴史的な状況と想いをこの映像に投影して鑑賞するのもまた一興であろう。

第1楽章(1)第1楽章(2)
第2楽章
第3楽章(1)第3楽章(2)
第4楽章(1)第4楽章(2)
第5楽章(1)第5楽章(2)
ショスタコーヴィチ:交響曲第13番
カツァイエフ (B) ウクライナ国立男声Cho ドーニ/モルドバ国立PO
(1991年12月14日)


交響曲第13番には他に、2006年のプロムスで行われたゲールギエフ/マリイーンスキイ劇場O他による演奏の映像もある。ゲールギエフのショスタコーヴィチ演奏には感心しないことの方が多いが、この演奏は素晴らしい。決して上滑りすることのない重厚な推進力が、有無を言わさずに聴き手を惹きつける。第2楽章などは圧巻。第3楽章の美しさも忘れ難い。バス独唱のペトレンコは、本来予定されていたアレクサーシキンの代役とのことだが、単なる代役以上の十分に立派な歌唱を披露している。ただ、ショスタコーヴィチが初演にあたって希望した歌手の名前を想起するならば(グムイリャー、ヴェデールニコフ、イヴァーン・ペトローフ)、典型的なロシアン・バスで聴きたいところではある。もっとも、ゲールギエフのエネルギッシュで流麗な音楽の作りには、こういう明るい声質が合っているような気がするのも確かではあるが。

第1楽章(1)第1楽章(2)
第2楽章
第3楽章~第4楽章(1)第4楽章(2)
第4楽章(3)~第5楽章(1)第5楽章(2)
ショスタコーヴィチ:交響曲第13番
ペトレンコ (B) ゲールギエフ/マリイーンスキイ劇場O & Cho
(2006年8月19日 ロイヤル・アルバート・ホール)
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。