スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラヤンの芸術/国立モスクワ合唱団演奏会

  • ブラームス:交響曲第1番 カラヤン/ベルリンPO (1973 録画 [NHK BS2 (2009.8.10)])
  • ブラームス:交響曲第4番 カラヤン/ベルリンPO (1973 録画 [NHK BS2 (2009.8.10)])
  • チャイコーフスキイ:交響曲第4番 カラヤン/ベルリンPO (1974 録画 [NHK BS2 (2009.8.10)])
  • ロシア民謡(ノーヴィコフ編):ヴォルガの舟歌、ブラーンテル(アナーシキン編)カチューシャ、ロシア民謡(アナーシキン編):黒い瞳、ラフマニノフ:聖ヨハンネス・クリソストモスの典礼(抜粋) ミーニン/国立モスクワcho (2009.6.2 録画 [NHK BS-hi (2009.8.7)])
8月3日と10日の未明、カラヤン/ベルリンPOが1970年代前半に遺した映像が放映された。3日はベートーヴェンの交響曲(第3、5~8番)、4日はチャイコーフスキイ(第4、6番)とブラームス(第1、4番)の交響曲だったのだが、いずれも初出の映像ではないので、好きなブラームスの2曲だけを録画しておくことにした。しかし、録画予約しようとしたら番組名に「交響曲第4番」しか表示されず、どちらがブラームスなのかチャイコーフスキイなのかの区別がつかず、やむなく両方を録画。

一応はライヴ映像の体裁をとっているものの、この時期のカラヤンの映像作品であるだけに、隅々にまで手が加えられているのは言うまでもない。音楽そのものにも、映像の作り方にも徹底してカラヤンの美学が投影されているので、好き嫌いははっきりと分かれるだろう。僕は、指揮姿をはじめとして随所に作り物臭さを感じつつも、きびきびとした格好良さは素直に認めてしまう。“正統派”のブラームスとはとても思えないが、これだけの説得力を持つ演奏はそうめったにあるものではない。

ただ、チャイコーフスキイについては、妙に音痴に聴こえるトランペット(音色のせいなのか?録音のせいなのか?)や、騒々しさしか感じられない盛り上がりなど、全体を通してあま感心しなかった。確かに僕の好きな曲ではないのだが、おそらくはカラヤンの解釈がそれに拍車をかけているのだろう。

ミーニン率いる国立モスクワ合唱団の演奏は、何枚かの音盤を通して聴いており、その実力の高さは知っていただけに、最近の日本公演の映像が放送されると知れば、録画しないわけにはいかない。この映像は、2009年6月2日に東京オペラシティ・コンサートホールで行われた演奏会を収録したもの。客の入りは驚くほど少ないのだが、合唱の演奏会というのはこの程度が普通なのだろうか?ともかく、演奏は聴衆の数に反してとても素晴らしいもの。有名な民謡や大衆歌も良いが、とりわけラフマニノフが素晴らしい。「晩祷」と同じく正教会の典礼のために書かれた作品で、対位法的な複雑さはあまり感じられず、息の長い旋律線が独特の神々しい雰囲気を醸し出しているのだが、国立モスクワ合唱団の温もりのある清らかな透明さを感じさせる歌唱は圧倒的ですらある。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_Karajan,H.v. 作曲家_Brahms,J. 作曲家_Rachmaninov,S.V.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。