東京QとカルミナQ(NHK芸術劇場)

  • 東京クヮルテット 結成40年 円熟の響き(ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第2番、バーバー:弦楽四重奏曲より第2楽章、ラヴェル:弦楽四重奏曲) 東京Q (2009.7.28 録画 [NHK総合 (2009.9.4)])
  • カルミナ四重奏団 室内楽コンサート(バルトーク:弦楽四重奏曲第2番、シュナイダー:弦楽四重奏曲第3番「日は昇り 日は沈む」、ドビュッシー:弦楽四重奏曲より第3楽章、ジミ・ヘンドリクス(リフキン編):パープル・ヘイズ) カルミナQ (2009.6.13 録画 [NHK総合 (2009.9.4)])
  • カルミナ四重奏団 室内楽コンサート(ヴェレシュ:弦楽四重奏曲第1番、ラヴェル:弦楽四重奏曲、ジミ・ヘンドリクス(リフキン編):パープル・ヘイズ) カルミナQ (2009.6.13 録画 [NHK BS-hi (2009.9.7)])
NHKの芸術劇場、9月4日放送分は弦楽四重奏特集だった。

東京Qの映像は、北海道苫小牧市にあるレナード・バーンスタイン・ペレカムイ教会にて、聴衆がいない状態で収録されたもの。1st Vnがコーペリマンに交代して以降の東京Qを聴くのは、恥ずかしながら初めて。バーバーなどでは首を傾げたくなるようなピッチの不揃いもあったが、基本的には高い水準で仕上げられたアンサンブルに感心させられた。ラヴェルの第2楽章で、第2Vnの攻撃的なpizz.に70年代の東京Qを想起したりもしたが、概してオーソドックスな音楽づくりがなされており、聴き手によってはそれほどの満足感は得られなかったかもしれない。僕は、これだけのキャリアを重ねた団体に対して、若々しく尖った音楽を求めてはいないので、十分に楽しみましたが。

後半は、今年の6月に東京の第一生命ホールで行われたカルミナQのライヴ映像。4夜連続で行われた彼らの演奏会は、各回にタイトルがつけられていて、放送されたのは「The Challengers―挑戦する者」と題された第4夜目のもの。この番組で放送されたのは演奏会の半分で、残りはBS-hiのクラシック倶楽部で別途放送された。当夜の演奏順は、以下の通り:
  1. バルトーク:弦楽四重奏曲第2番
  2. ヴェレシュ:弦楽四重奏曲第1番
  3. シュナイダー:弦楽四重奏曲第3番「日は昇り 日は沈む」
  4. ラヴェル:弦楽四重奏曲
  5. 【アンコール】ドビュッシー:弦楽四重奏曲より第3楽章
  6. 【アンコール】ジミ・ヘンドリクス(リフキン編):パープル・ヘイズ
20世紀の作品から構成されたプログラムで、ヴェレシュとシュナイダーは、カルミナQの本拠地であるスイスの作曲家である。

まぁ、とにかく完成度が高い。それでいて嫌味を感じさせない洗練された雰囲気が、カルミナQの美質であろう。バルトークもラヴェルも、そしてヴェレシュもシュナイダーも、さらにはジミヘンですら、楽曲と演奏者との一定の距離感が堅持されている。時に徹底した人工臭すら感じさせる(特に弱奏部)一方で、それが彼らの意図するものであることが常に明確な音楽づくりに、極めて卓越したアンサンブル技術以上に感心させられる。僕自身は、たとえ多少の隙があったとしても、より劇的な音楽に対する嗜好が強いので、正直なところ、こういう音楽を無条件に心から楽しんだわけではないのだが、カルミナQが楽曲に対して持つのと同様の距離感を持ってカルミナQの演奏を聴く限りにおいては、やはり当代随一の四重奏団だと絶賛しないわけにはいかない。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_東京Quartet 演奏家_CarminaQuartet

comment

Secre

カルミナSQ

カルミナは現代物がやたらと多くのでポストアルディティSQではないでしょうか?
プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター