ヴァイオリン音楽の夕べ

  • ヴィエニアフスキー:ヴァイオリン協奏曲第1、2番 パールマン (Vn) 小澤征爾/ロンドンPO (EMI TOCE-3216)
  • シネマ・セレナーデ パールマン (Vn) J. ウィリアムズ/ピッツバーグSO (Sony SRCS 8423)
  • パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第1番・サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番 フランチェスカッティ (Vn) オーマンディ/フィラデルフィアO、ミトロプーロス/ニューヨークPO (Sony SRCR 8453)
  • フォーレ:ヴァイオリン・ソナタ第1、2番 フェラス (Vn) バルビゼ (Pf) (EMI TOCE-1580)
  • シューマン:ヴァイオリン・ソナタ第1、2番 安永 徹 (Vn) 市野あゆみ (Pf) (Pony Canyon PCCL-00149)
養老孟司著「バカの壁」(新潮新書)を読み終えた。学校教育についての意見がまさに我が意を得たりで、一気に読んでしまった。

バーバラ・L・サンド著(米谷彩子訳)「天才を育てる 名ヴァイオリン教師ドロシー・ディレイの素顔」(音楽之友社)をざっと読み終えた。なんとなく将軍様万歳という感じが鼻につかないでもないが、でもなかなか興味深かった。で、パールマンを久し振りに聴いてみようかと。ヴィエニアフスキーの第1番は、当時のパールマンの魅力が全開といった感じ。切れ味の鋭いテクニックと、甘ったるいポルタメントのバランスが好ましい。第2番は技術的には少し平易なだけに、ポルタメントの頻繁な使用がむしろだらしなく聴こえてしまう。

「シネマ・セレナーデ」の方は最近の演奏ということもあり、一層甘ったるい。きれいで悪くはないと思うけど、このアルバムのどこが聴き所なのか、僕にはさっぱりわからない。

今日は徹底してヴァイオリン路線ということで、普段めったに聴くことのない、フランチェスカッティのアルバムも。華麗な音色を味わうには、少々録音が物足りないかな。パガニーニはトレチャコフの暗く鋭利な演奏が刷り込みなので、違和感がある。って、この刷り込みは普通じゃないんだろうけど。サン=サーンスは、文句なしの名演で十分に楽しめる。

フェラスのフォーレも相当久し振りに聴いたが、なかなか良いね。録音のせいかもしれないが、僕には音色がきつめに感じられるが、第2番ではそれがハマっている感じ。でも、このソナタは本当に素晴らしい曲だと思う。自分で弾いたのは大学2回生の頃だったけど、また機会があったら弾いてみたいな。

安永夫妻のシューマンのソナタは、僕の愛聴盤の一つ。さすがにこの2曲を大傑作とまで言い切るつもりはないが、この作品の魅力を存分に引き出した名演。巷で名盤と言われているクレーメル盤とは何もかもが違う次元に達している。もっと広く取り上げられるべき録音だろう。いや、本当に素晴らしい。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_Perlman,I. 演奏家_安永徹

comment

Secre

No title

今日偶然、そのパールマンのヴィニャフスキを、聴きました。1番を録音しているということで、この盤を評価したかったのですが、テンポの構成がでたらめでがっかりしました。特に、3楽章は、序奏を除いて、大部分がアレグロ ‧ モデラートで、両主題のテンポは同じなのに、多くのソリスト同様、比較的平易なせいか、16分音符のパッセージを不必要に速く演奏している点が、気に入りません。この問題は、バレンボイムとの録音では緩和されています。1番には、さすがのパールマンももたつく箇所がありますね。彼のヴュータンの録音も聴きましたが、やはり勝手なテンポの設定が気に入りません。この種の協奏曲では、テンポの動きは激しくてよいとされますが、勝手に切り替えるのはまた別の問題です。技巧的とされる曲でも、構成を熟慮した方がよい演奏になることは変わらないはずです。
クレーメルとアルゲリッチのシューマンはCDも聴きましたが、CD発売前に聴いたロッケンハウスかどこかのライヴ録音には遠く及ばず、残念に思った記憶があります。ライヴの2番の3楽章は絶品でした。CDが生のすばらしさを伝えられないのは宿命でもありますが、技術者が編集する制作過程も問題だと考えています。
プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター