【YouTube】ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番(D. オーイストラフ独奏)

12月11日の記事で紹介したD. オーイストラフによるショスタコーヴィチの協奏曲が、膨らみまくった期待を満たしてくれるものではなかったので、リベンジを。YouTubeにアップされている映像は、おそらく『アート・オブ・ヴァイオリン』と『太陽への窓』の中に収録された断片の出典なのだろう(これを書いている時点では、きちんと確認していない)。

オーケストラには鈍重さが感じられるし、オーイストラフだってノーミスではない。しかし、先のCDでは削ぎ落とされていた猛烈な緊張感と巨大な存在感が、この動画には満ち満ちている。目先の鋭さや鮮やかさが聴き手を弾きつけるのではなく、地の底から湧いてくるかのような重量感たっぷりの音楽が、空間も、そして聴き手の心をも否応なしに支配してしまう。これぞ、オーイストラフの真骨頂。

第1楽章(1)第1楽章(2)~第2楽章(1)
第2楽章(2)~第3楽章(1)第3楽章(2)
第4楽章
ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番
D. オーイストラフ (Vn)、フリッケ/シュターツカペレ・ベルリン


本ブログでもこれまでに少なくない数の動画を紹介してきたが、YouTubeニコニコ動画といった動画共有サービスのサイトにアップされているショスタコーヴィチ関連の動画は結構な数になる。ファイル容量の関係で1曲が数個のファイルに分割されていることがほとんどで、それらを探し当てるのに手間取っては、せっかくの鑑賞の興をそぐことにもなりかねない。自分用のブックマークがてら、それらを一覧にしてショスタコーヴィチのHPのコンテンツに追加してみた。

このリストを作成しながら見つけた動画を、オマケに。ヴェンゲーロフとジルベルシテインの二重奏である。動画には「8つの前奏曲」とタイトルがつけられているが、ツィガーノフの編曲は10曲のセットである。最初の第2番と第6番の2曲が欠落しているだけで、残りは曲順も「10の前奏曲」と一致する。動画の開始部分の雰囲気からみても、当日は10曲が演奏されたのではないかと推測する。両者ともに無類の名手であるから、この手の小品の鮮やかさは実に見事である。

ただ、こうしてD. オーイストラフとヴェンゲーロフとを並べてみると、ヴァイオリン演奏の流儀も、たかだか数十年の間に随分と変わったものだと改めて思う。

第12、13、17、18、19曲第21、22、20曲
ショスタコーヴィチ(ツィガーノフ編):10の前奏曲より
ヴェンゲーロフ (Vn)、ジルベルシテイン (Pf)(2006年 モスクワ)
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 演奏家_Oistrakh,D.F.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター