スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【YouTube】ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第8番/ヴァーインベルグ:ピアノ五重奏曲(コーペリマンQ)

12月11日の記事で紹介したボロディーンQのDVDは大変素晴らしく、その後、ショスタコーヴィチの2曲だけはiPodにも入れて楽しんでいる。リアルタイムでその新譜や実演に触れていたこの四重奏団は、今なお演奏活動を続けているが、しかし、Vaのシェバリーンが引退し、1st Vnのコーペリマンも交代、そしてVcのベルリーンスキイが亡くなった今、マン引退後のジュリアードQのように全くの別団体になってしまったと考えるべきだろう。

DVDで観た若きコーペリマンの名技に圧倒的な感銘を受けて、その思い出を求めるようにYouTubeを彷徨っていたら、現在コーペリマンが結成しているコーペリマンQの最近のライヴ映像がいくつかアップされていた。どうやらこの四重奏団、あるいはコーペリマンのファンか関係者が動画をアップしているようで、少なくない映像を視聴できるようになっている。今日は、2008年3月12日にキプロスで行われた演奏会の映像から2曲を紹介したい(当日、どの順に演奏されたかはわからない)。

まずは、先のDVDにも収録されていた得意のレパートリー、ショスタコーヴィチの第8番である。あの硬質で澄んだ音色はそのままながらも、ボロディーンQ時代の精密機械みたいな印象はなく、余裕と大きさを感じさせるところに、成熟したコーペリマンの境地が聴き取れるように思える。一方で全体のアンサンブルには、よく言えば余裕、悪く言えばルーズさが感じられる。しっとりとした味わいはあるものの、突き刺さるような慟哭には欠ける。

Part 1(第1楽章~第3楽章(1))Part 2(第3楽章(2)~第4楽章(1))
Part 3(第4楽章(2)~第5楽章)
ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第8番
コーペリマンQ(2008年3月12日 キプロス)


もう1曲は、ヴァーインベルグのピアノ五重奏曲。ショスタコーヴィチの圧倒的な影響下にあると言われるヴァーインベルグだが、1944年に書かれたこの作品にも、1940年に書かれたショスタコーヴィチの同編成の作品の影響を聴きとることができる。もっとも、ユダヤの調子が強く感じられるせいか、全曲の気分はむしろ、ショスタコーヴィチのピアノ三重奏曲第2番と共通する。ミャスコーフスキイのように調性が崩れかかった、うねりのような音が連なる舞曲調の音楽が、いかにもヴァーインベルグらしく、若書きの作品ながらも完成度の高さを感じさせる。

コーペリマンの娘エリザヴェータがピアノを担当したコーペリマンQの演奏は、いささか立派すぎるような気もしなくはないが、音楽的にも技術的にも申し分のないもの。

第1楽章第2楽章
第3楽章第4楽章(1)
第4楽章(2)~第5楽章
ヴァーインベルグ:ピアノ五重奏曲
コーペリマンQ、E. コーペリマン (Pf)(2008年3月12日 キプロス)
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 作曲家_Weinberg,M.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。