スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【YouTube】ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第8番(シモン・ボリバルQ/アカデミックQ)

南米の若い団体によるショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第8番を2種、YouTubeで見つけた。

一つ目は、シモン・ボリバルQ。きちんと調べた訳ではないが、おそらくはシモン・ボリバル・ユースOのメンバーで構成されていると思われる。何もラテンの血がどうとかいうような先入観を持って聴いたつもりはないが、背筋が凍るような冷やかさはあまり感じられない一方で、作品の中に鬱積している様々な感情やエネルギーが凄まじい勢いで噴出しているような演奏で、思わず身を乗り出して聴いてしまう。技術的にも高水準な出来で、率直に言って、感心した。

第1楽章第2楽章
第3楽章第4楽章
第5楽章
ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第8番
シモン・ボリバルQ


二つ目は、ブラジルの四重奏団。この団体についても詳しいことは知らないが、彼らの演奏もまた、ストレートな熱気が聴き手の心を鷲掴みするような力強さを持っている。終演後の客席の熱狂的な反応も、素直に納得できる。ただし技術的には、先のシモン・ボリバルQよりは劣る。

第1~2楽章第3楽章
第4~5楽章
ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第8番
アカデミックQ(2009年12月15日 サンパウロ)
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。