スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【録画】メタ・フォーQ演奏会

  • メタ・フォー弦楽四重奏団演奏会(バルトーク:弦楽四重奏曲第5番、シベリウス:弦楽四重奏曲「親しい声」より第4&5楽章、アラコティラ:イ・ユスリン) メタ・フォーQ (2010.3.4 録画 [NHK BS-hi(2010.4.14)])
根がマメなタイプではないので、どうしても情報通にはなれない。弦楽四重奏を愛好することにかけては、そんじょそこらの人に負ける気はしないのだが、様々な団体の動向を網羅的にチェックするようなことは、どうにも苦手だ。

そんなわけで、メタ・フォーQという団体も、今回の放送で初めて知った次第。バルトークの第5番を映像で観たことがなかったので、観てすぐに消去すればいいや、といった軽い気分で録画してみた。

メタ・フォーQは2001年に設立され、2004年のショスタコーヴィチ国際弦楽四重奏コンクールに優勝し、ショスタコーヴィチ作品の演奏に対する特別賞を受賞。さらに2007年には、ヨーゼフ・ハイドン国際室内楽コンクールでも優勝したという錚々たるキャリアを誇る。チェロ以外の3人は立ったままで、しかも対向配置をとっている辺りに、彼らのちょっとしたこだわりを感じる。ただ、あくまでも僕の趣味から言えば、オーケストラのような大編成と異なり、弦楽四重奏では対向配置を採る積極的なメリットはあまり感じられない。また、立って演奏するのも、独奏ならともかく3人が熱演するとなると、少々目にうるさい。

こうした視覚面はさておき、演奏そのものは大変立派な内容で感心した。まず、技術水準が非常に高く、終始安心して聴き通すことができる。バルトークの6曲中、最も演奏上の難易度が高いと思われる第5番を、これほどまでに清潔に弾き切っていることは、それだけで特筆すべきだろう。表現意欲も旺盛で、それでいて上品さを失わないのも好ましい。新進気鋭の団体らしく、楽曲の隅々まで徹底的に詰めていることが随所に窺えるが、シベリウスに関しては、色々やろうとし過ぎて逆に何となくいびつになってしまったようにも思えたのが惜しい。

ティモ・アラコティラ(1959~)という作曲家は民俗音楽に軸足を置いている人のようだが、アンコールで演奏された「イ・ユスリン」という曲も、独特の雰囲気があって楽しめた。

60分の放送時間の制約の中で、当日のプログラムから“お国もの”ということでシベリウスを抜粋にしてでも放送しようとしたのだろうが、彼らの経歴を考えるならば、時間的にもショスタコーヴィチの第7番の方が良かったのではないかと思う。機会があれば放送してもらいたいものだ。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Bartók,B.

comment

Secre

No title

片山杜秀氏の博覧強記ぶりには驚きです。それもマイナーなものに執着する点に。(ショスタコービチは彼にはメジャーでほとんど出てこない)数年前、河内長野で初演された合唱カンターター「ゲルニカ」までもレコ芸でとりあげていたのである。
レコ芸では集中しにくかったが一冊にまとめられてより一層読みやすくなった。3巻目の書籍のぶんもレコード芸術に掲載分でしたがコラムなのでいつものひつこい彼にしてはすこし物足りない。。やはり別口の枚数の多いものが面白かった。4巻目の紹介有難うございました。

先日、最近あまり見ていない「題名の無い音楽会」は弦楽四重奏特集で最後に東響の大谷康子カルテットが8番の一部を最後に演奏していました。

Re: No title

ご丁寧なコメントをいただいておきながら、雑事に追われてレスがすっかり遅くなってしまいましたこと、深くお詫びいたします。

「題名の無い音楽会」は、私もチェックしておりました。ショスタコーヴィチは日曜日の朝だし、ないだろうと油断していたら、嬉しい不意打ちでした。大谷康子カルテットが常設か否かは知らないのですが、大谷さんはクワトロ・ピアチェーリでショスタコーヴィチを取り上げているようで、幾分上品に過ぎるとは思いましたが、まずはそつのない演奏でしたね。
プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。