ボルトニャーンスキイの室内楽曲/「禿山の一夜」(原典版)

  • ボルトニャーンスキイ:鍵盤のためのソナタ第2番、五重奏曲 ハ長調、協奏交響曲 変ロ長調 ゴルボフスカヤ、ディジュール (Pf) エルデリ (Hp) N. バルシャーイ (Vn) ドブロホトフ (gamba) V. ベルリーンスキイ (Vc) モスクワCO (Multisonic 31 0253-2)
  • ムーソルグスキイ:禿山の聖ヨハネ祭の夜、センナヘリブの陥落、歌劇「サラムボー」より「巫女たちの合唱」、歌劇「アテネのエディプス王」より合唱曲、(リームスキイ=コールサコフ編)イエス・ナヴィヌス(ヨシュア)、(ラヴェル編)組曲「展覧会の絵」 ザレンバ (MS) アバド/ベルリンPO、プラハ・フィルハーモニーcho (DG POCG-1778)
先日、御茶ノ水で仕事があり、その合間に界隈を散策することができた。それほどゆっくりはできなかったが、半年ぶりということもあり、街の空気を楽しむには十分。もっぱらウィンドウショッピングで、音盤はディスクユニオンお茶の水クラシック館で数点購入したのみ。ショスタコーヴィチ作品の掘り出し物がなかったのは残念だったが、ロシア音楽の古典とでも言うべき作品群の穴埋め的な買い物ができたのは思わぬ収穫といったところか。稀少盤に手を出した訳ではないが、CD5枚にLP3枚で5500円程度という成果には、十分にお得感がある。

手始めに、CD2枚から聴いた。

ロシア音楽史上、最初の大作曲家とされることも少なくないボルトニャーンスキイだが、その作品についてはほとんど聴いたことがなかったので、室内楽作品を集めたアルバムは、目に留まると躊躇することなくカゴの中へ。教会音楽以外は何が彼の代表作なのかよく知らないが、ここに収録された3曲はいずれも18世紀半ばの、比較的単純な書法で書かれた音楽である。とりたてて個性的な要素は感じられず、ロシア音楽を特徴づける要素の萌芽もない。後世への影響という点で考えると、ボルトニャーンスキイをロシア音楽の祖として位置付けるのは不適当なのだろう。ただ、綺麗で心地好い音楽であることは間違いなく、ピリオド奏法とは無縁の演奏共々、楽しむことができた。

HMVジャパン


ムーソルグスキイは、生涯に遺した作品の数が少ないこともあり、その大半は既に聴いているが、合唱作品は長らく未聴のままだった。ムーソルグスキイを偏愛しているらしいアバドによる合唱作品集を陳列棚の中に見つけたので、迷わず確保した。

本盤は、「禿山の一夜」の原典版を中心に構成されている。ここで、「禿山の一夜」の4つの版について、簡単にまとめておく:
  1. 歌劇「サラムボー」の中で、その素材が初めて使われる(1864年)
  2. 「禿山の聖ヨハネ祭の夜」という名で呼ばれる、いわゆる原典版(1867年)
  3. 歌劇「ソローチンツィの市」の第3幕第1場に使われた、合唱付きの版(1880年)
  4. ムーソルグスキイの死後、リームスキイ=コールサコフが補筆完成させた版(1886年)
本盤の最初に置かれているのは、第2稿である。第1稿は、独立した楽曲として存在している訳ではなく、「サランボー」自体も未完である。本盤に収録されている「巫女たちの合唱」には、この第1稿に相当するものという意図があるのだろう。第3稿は未聴なので、なるべく早く聴いてみたいところだ。

収録曲はいずれもムーソルグスキイ以外の何者でもない個性的で独創的な音楽であり、短いながらも鮮烈な印象を受けた。アバドの演奏は、いささか綺麗事に過ぎる気はするものの、非常に高い水準で仕上げられた見事なもの。ただし「展覧会の絵」だけは、破綻はないものの覇気が感じられない凡演。

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Bortniansky,D.S. 作曲家_Mussorgsky,M.P.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター