ショスタコーヴィチ:ピアノ三重奏曲第2番


  • ラヴェル:ピアノ三重奏曲、ショスタコーヴィチ:ピアノ三重奏曲第2番 トリオ・ジンガラ (Collins 10402)
僕が作っているショスタコーヴィチのウェブサイトを見たという方から、僕がウォントリストに掲げていたトリオ・ジンガラが演奏するピアノ三重奏曲第2番の新盤を処分するので譲ってくださるというメールをいただいた。確か富士レコード社だったと記憶しているが、同じ団体の旧盤LPは大分前に入手していたのだが、この新盤CDは実物を見かけたことすらなかったので、ありがたくご好意に甘えさせてもらった次第。

旧盤とはピアニスト以外のメンバーが異なっていることもあるのか、旧盤で気になった作為的な表現はほとんど感じられない。一方で、表現の幅はそれほど大きくないのが残念。押しの強い名盤の前では印象が薄いとはいえ、技術的には十分に安定しており、整然とまとめられた好感度の高い演奏

YouTubeを眺めていたら、偶然にもこの曲の映像が新たにアップされていたのを見つけた。、アルゲリッチ、クレーメル、マイスキーの3人による来日公演の映像である。この時、3人の仲は極めて険悪な状態で、演奏そのものも酷い出来だったという噂をどこかで耳にしたことがある。実際、この演奏会をライヴ収録したCDの出来は酷いもので、僕自身、自分のウェブサイトで酷評したこともあった。

それ以来、CDを棚から出すことすらなかったので、もしかしたら印象が変わっているかもしれないと視聴してみたが……

第1楽章第2楽章
第3楽章
第4楽章(1)第4楽章(2)
ショスタコーヴィチ:ピアノ三重奏曲第2番
クレーメル (Vn)、マイスキー (Vc)、アルゲリッチ (Pf)
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター