スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【録画】沼尻竜典/群馬交響楽団/エマーソン四重奏団

  • チャイコーフスキイ:ピアノ協奏曲第1番より第2、3楽章、ショスタコーヴィチ:交響曲第12番 グロー (Pf) 沼尻竜典/群馬SO (2010.5.22 録画 [NHK ETV(2010.8.29)])
  • ヤナーチェク:弦楽四重奏曲第2番より第1、2楽章、ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲第13番 エマーソンQ (2010.6.9 録画 [NHK BS-hi(2010.9.6)])
音楽番組の録画は久し振りだったが、録画したまま視聴せずに時間が経ってしまうのは相変わらずである。

群馬交響楽団高関氏が音楽監督を務めていた時代から、ショスタコーヴィチ作品をわりと積極的に取り上げていた印象がある。沼尻氏が、首席指揮者・芸術アドヴァイザー就任披露の公演でショスタコーヴィチを演奏することにしたのも、恐らくはそうした背景を意識してのことだろう。隅々までよく整えられた音程とアンサンブルは、単なる一地方オーケストラと片付ける訳にはいかない見事な水準のもの。個々の技量は傑出しているとまでは言い難いにもかかわらず、全体として上質の響きを奏でていることは賞賛に値するだろう。沼尻氏の棒は、少々神経質に過ぎるようにも感じられたが、スターリン云々という浅薄な仰々しさとは無縁の、丹念に楽曲の形を整えていく生真面目で誠実な解釈であった。その当然の帰結として、この交響曲の弱い部分も包み隠さず露わになっていたが、そのことも含めてこの端正な音楽には清々しい好感を持った。

ドヴォルザークの弦楽四重奏曲第13番は、アルバン・ベルクQの初代メンバーによる録音で夢中になった作品である。やや込み入ったアンサンブルだけではなく、純粋に各パートの技術的な難易度の高い作品だけに、映像で視聴することは勉強になるだろうと録画したもの。だが実のところ、僕はエマーソンQという団体を全くと言ってよいほど評価していない。よく耳にする彼らの宣伝文句は、メカニックに優れているというものだが、そのメカニックの水準が他の団体に比べて、むしろ劣っているとさえ思えるからだ。今回視聴したドヴォルザークでも、その印象が覆ることはなかった。まず、個々の音程がそれほど良くない。とりわけ第1Vnのセッツァーにそれが顕著である。そして何より問題なのは、音の出だしは揃っているものの、弾き方、すなわち響きのイメージは「個性の尊重」とでも言わんばかりに不徹底なことである。その結果、彼らの奏でる音楽は、少なくとも僕にとっては散漫で方向性の見えない、当たり障りのない音の羅列でしかなかった。この演奏では、ドヴォルザーク晩年の傑作の真価を知ることはできない。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

comment

Secre

No title

沼尻さんのショスタコーヴィチ、最近では8番(京響)11番(センチュリー響)今回の12番、センチュリー響2011年12月定期にはの6番が予定されていてこれは今から楽しみです。
プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。