スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アファナーシエフのムーソルグスキイ/カルミナQの新ウィーン楽派

  • ムーソルグスキイ:組曲「展覧会の絵」、間奏曲、情熱的な即興曲、お針子、瞑想、夢 アファナーシエフ (Pf) (Denon COCO-70530)
  • ヴォルフ:イタリアのセレナード、ベルク:弦楽四重奏曲、シェーンベルク:浄夜 カルミナQ チャステイン (Va) グロッセンバッハー (Vc) (Denon COCO-70971)
11月24日の記事で紹介した買い物の続き。同じく“ついでに”注文した音盤から。

アファナーシエフによるムーソルグスキイ作品集は、「展覧会の絵」がたいそうな怪演であるという評判の音盤だが、ムーソルグスキイのピアノ小品の中で唯一未聴であった「夢」が収録されていることが今回の購入動機であった。目当ての小品集は、病的なまでの繊細さと柄の大きな表現力との対比が絶妙で、単なる心地よさに終始することのない、意味深い音楽に仕上げられている。さすが、と言うべきだろう。

メインの「展覧会の絵」は、予想をはるかに上回る特異な演奏である。徹底的にデフォルメされた音楽は、もはや原型をとどめていない。それでいて、その不思議な音楽世界には、ムーソルグスキイとは全く異質でありながらも、抗い難い妖しい魅力がある。よほどのマニアでもない限りは「展覧会の絵」を楽しむことはできないだろうが、そこは割り切ってアファナーシエフの奇才を満喫するべき音盤なのだろう。

HMVジャパン


後期ロマン派末期から新ウィーン楽派最初期にかけての3曲を集めたカルミナQのアルバムは、ヴォルフの「イタリアのセレナード」目当てで注文したもの。ブラームスの四重奏曲全集の余白に収録されていたプラハQの録音しか持っていなかったので、おっとりとした野暮ったさが魅力のそれとは異なる、現代風の颯爽とした格好良さに耳を奪われた。細身で切れ味の鋭い響きは複雑な和声が醸し出す微妙な色合いを鮮やかに描き出し、豊かな表現力は楽曲中に盛り込まれた様々な情景を喚起する。見事な演奏である。

ベルクとシェーンベルクにおいても、カルミナQのスタンスに違いはない。作曲家の初期作品ということを意識したのか、時に攻撃的に過ぎると思えるほどの表現意欲に満ちた演奏である。ただし、これらの2曲については、もっと後期ロマン派寄りの甘美な表現の方が僕の好み。もちろん、水準以上の演奏ではある。

HMVジャパン
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Mussorgsky,M.P. 作曲家_Wolf,H.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。