スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【YouTube】ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番(レーピン独奏/諏訪内晶子独奏)

YouTubeに、同世代のヴァイオリニスト2人によるショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲がアップされていた。両者共にこの曲を得意なレパートリーとしていることもあって楽しみにしつつも、まとめて視聴する時間を取りそびれていたのだが、ようやく聴き通すことができた。

まずは、レーピンである。2009年1月20日の記事で紹介した動画と同じP. ヤルヴィとの顔合わせで、第4楽章の冒頭がヴァイオリン独奏で始まる「原典版」を演奏している。

技術的な水準の高さもさることながら、舞台上の全奏者に君臨しているかのような存在感とスケールの大きな音楽は、文字通り王者の風格である。テンポも適切で、特に第2楽章は弾きとばすことなく、楽曲のグロテスクな佇まいが見事に表現されている。全体を通してクライマックスの設計が巧妙で、全く退屈することのない第1楽章や、聴き手を圧倒的に追い詰めていくかのようなカデンツァ、全てが際限のない狂気の渦に巻き込まれていく第4楽章コーダなど、その解釈に異論を挟む余地が皆無であるとすら思えるほど。

最上級の楽器がとにかくよく鳴る、レーピンの技術もまた驚嘆に値する。僕にとっては、ヴァイオリンの理想の音そのものだ。最高の傑作を、最高の音と演奏で聴く、最高の贅沢と言ってよい。

第1楽章第2楽章
第3楽章(1)第3楽章(2)~第4楽章
ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番
レーピン (Vn)、P. ヤルヴィ/パリO(2010年10月13日)


まだ桐朋学園大学に在学中だった頃の諏訪内晶子の演奏は、さすがに現在のレーピンの演奏と比べると音楽的な内容に格段の差がある。速いテンポで弾ききっただけにしか聴こえない第2楽章や、感傷的に過ぎる第3楽章などは、現在ではそういうアプローチも少なくないとはいえ、僕の好みではない。しかし、技術面での完成度は非常に高く、その点においてはレーピンよりも精度の高い箇所もあったりする。また、最上級の楽器から奏でられる最高の音は、諏訪内からも聴くことができる。なにより、彼女が最も輝いていた時期の初々しくも迷いのない演奏姿には、有無を言わさぬ魅力がある。

第1楽章第2楽章
第3楽章第4楽章
ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番
諏訪内晶子 (Vn)、十束尚宏/不詳
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。