【録画】ショスタコーヴィチ:喜歌劇「モスクワよ、チェリョームシキよ」/レーピン・リサイタル他

  • ショスタコーヴィチ:喜歌劇「モスクワよ、チェリョームシキよ」 カラビッツ/フランス国立リヨン歌劇場 (2009.12.26 & 29 録画 [NHK BS-hi(2011.1.29)])
  • ヴァディム・レーピン・バイオリン・リサイタル(ストラヴィーンスキイ:ディヴェルティメント、ショスタコーヴィチ(ツィガーノフ編):24の前奏曲より第17番) レーピン (Vn) ゴラン (Pf) (2010.3.30 録画 [NHK BS-hi(2011.3.7)])
  • クイケン&レ・ヴォア・ユメーヌ(マレー:ヴィオール曲集 第4巻 第1組曲より「プレリュード」「サラバンド」「田舎娘」「ロンドー」、ジェンキンズ:5つの鐘、フォルクレー:3本のヴィオールのための組曲より「アルマンド」) W. クイケン、レ・ヴォア・ユメーヌ (gamb) ミルンズ (Cemb) (2010.10.7 録画 [NHK BS-hi(2011.3.7)])
ショスタコーヴィチ唯一のオペレッタであるが、今に至るまで低い評価しか得られていないために半ば“幻の作品”と化している「モスクワよ、チェリョームシキよ」が、放送された。せっかく録画したのに、視聴しそびれたまま3ヶ月近く経ってしまった。

映画版は既にDVD化されている(2007年6月14日の記事)が、オリジナルの形を知るにはロジデーストヴェンスキイ指揮の全曲CDくらいしか手段がなく、ましてや舞台を観る機会は皆無だっただけに、まさに画期的な映像と言って構わないだろう。既発のどのCDやDVDにもなかった日本語字幕があったことも、非常に嬉しい。もっとも、ネットなどを見ている限り、放送後にそれほど大きな反響があったようには思われず、生誕100年(2006年)の頃の盛り上がりは随分と冷めてしまったことを改めて痛感した次第。

当然のことながら初演時とは演出が異なっており、出版譜に記されているト書きや台詞にも少なからず変更が加えられている。ただし音楽の方は、繰り返しに至るまでスコアにほぼ忠実である。大きな変更は、第3幕の前奏曲がカットされていることくらい。第3幕は全体に駆け足で終わってしまう印象だが、これは台本の致命的な弱さをごまかすための苦肉の策といったところだろう。

オーケストラも歌手も、全体的な水準はそれほど高くない。CDのような形で純粋に音だけを聴くとしたら、聴き苦しい箇所も少なくはない。ただ、そのことよりも、粗野と紙一重の底抜けた陽気さがあまり感じられない、こじんまりとした上品な演奏に止まっていたことの方が気になった。舞台を通して観ると改めて、この作品があらすじレベルで根本的な欠陥を抱えていることが明白である。それだけに“くだらない”音楽の数々を、徹底的にくだらなく賑やかに奏でて欲しかったところ。

ともかく、ショスタコーヴィチのファンとしては十分に楽しめる内容であり、将来DVD化されることがあれば、入手しておいて損はないだろう。

レーピンは、今最も好きなヴァイオリニストの一人だが、そのリサイタルの映像を録画しておいたのは、言うまでもなくショスタコーヴィチの前奏曲第17番をアンコールで取り上げていたから。しかし、ストラヴィーンスキイの鮮やかな演奏を期せずして聴くことができたのは、嬉しい誤算といったところ。技巧上の至難さを一切意識させることなく、古典的な格調の高さが見事に表出されていた。

番組後半のクイケン&レ・ヴォア・ユメーヌの演奏会は、僕にはあまり馴染みのないジャンルの音楽ばかりだったが、その響きの美しさは文句無しに魅力的。心地よ過ぎてα波が出まくり、たかだか30分程度の間に何度も意識を失いかけたのには往生したが。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター