佐渡祭り

  • 題名のない音楽会 出光創業100周年記念企画(1) 佐渡裕×ベルリン・フィル(1) (録画 [ABC (2011.6.5)])
  • 題名のない音楽会 出光創業100周年記念企画(2) 佐渡裕×ベルリン・フィル(2) (録画 [BS朝日 (2011.6.18)])
  • 夢のタクトを振る日~指揮者 佐渡裕 ベルリン・フィルへの道~ (録画 [MBS (2011.6.5)])
  • 佐渡裕指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団定期演奏会(武満徹:フロム・ミー・フローズ・ホワット・ユー・コール・タイム、ショスタコーヴィチ:交響曲第5番)、ベルリン・フィル・イン・シンガポール(ラフマニノフ:交響的舞曲、マーラー:交響曲第1番「巨人」)、ベルリン・フィルの栄光と歴史 佐渡裕、ラトル(指揮) (2011.5.20、2010.11.24 録画 [NHK BSプレミアム(2011.6.11)])
  • N響アワー「ウィーン・フィル キュッヒルさん登場!」 (R. シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」) 尾高忠明/NHK交響楽団 (2011.5.7 録画 [NHK-ETV (2011.6.26)])
佐渡裕のベルリンPO定期出演から、一ヶ月以上が経った。そこが世界最高の舞台の一つであり、その出演が快挙であることに何ら異論はないが、クラシック音楽界の出来事にしては、一般メディアが随分と大きく取り上げたことに驚いた。もっとも、クラシックだから客が入らなくて当然だという姿勢は、屈折した選民意識の裏返しでもある。必要以上に大衆へおもねることはないが、他の様々なジャンルの音楽と同様、広く関心を集める努力は大切だろう。

6月上旬に集中して特番が組まれた“佐渡祭り”が、その良い機会であったことに疑う余地はない。終始上機嫌で、有り体に言えば浮かれていた佐渡氏の姿は、それが心の底からの喜びの現れであるだけに、少なくとも嫌悪感を持たれるような類のものではなく、メディア慣れした語り口は、クラシック音楽にさして興味のない視聴者にも訴えるところが小さくはなかっただろう。率直に言って「なぜこんな大騒ぎに?」という疑問はあったが、それでも放送された番組はいずれも(NHKのハイビジョン特集「情熱のタクト ~指揮者 佐渡裕 ベルリン・フィルへの挑戦~」は見逃してしまったが)十分に楽しんで視聴した。中でも、国分太一(TOKIO)がナビゲータ役を務めた「夢のタクトを振る日」は、程良く表面をなぞっていて、1時間という枠の中で上手にまとめられた、なかなかの内容であった。

さて、僕がこの演奏会に関心を寄せたのは、改めて言うまでもなく、ショスタコーヴィチの交響曲第5番が取り上げられていたからだ。もう10年以上も前の1998年、「見聞塾」(ベネッセコーポレーション)という大人の学習教材といった風情のシリーズの一つとして「オーケストラの鼓動」という書籍が発売された。そこには“補助教材”として佐渡氏が新星日本交響楽団を振った同曲のリハーサルと本番の映像を収録したVHSが同梱されていた。佐渡氏の解釈は、もちろん歳月と経験を重ねた末の進境があるにせよ、今回のベルリンPOとの演奏も基本的にはこのビデオに聴かれるものと変わっていない。

語弊を恐れずに言えば、極めて感情的な演奏である。それは、主としてスコアが紡ぎ出す響きに対する感覚的な反応とも言うべきもので、ソ連、スターリン……といった文脈とは無関係である。それ故にこうした解釈を“現代的”だとするのは短絡的に過ぎるとしても、ソ連の記憶が歴史の彼方へと去りつつある今日においては、自然なものと感じる聴き手もいるだろうことは否定し得ないところだ。少なくとも、ショスタコーヴィチのこの交響曲には、こういうアプローチを許容する懐の深さがある。

問題は、その感情が単純な激情一辺倒であったことにある。会場でベルリンPOの豪華な音響に身を浸していれば、際限のない強奏に、もしかしたら本能的に興奮したのかもしれない。しかし率直に言って、陰影がほとんど感じられない、単調な音楽の運びには物足りなさを感じた。実のところ、最もオーケストラの響きに溺れ、本能的に興奮していたのは佐渡氏自身であっただろうことは、その指揮姿からも窺えた。そのせいで妙に醒めた気分で視聴してしまったことも、また事実であるが。

比較するのは酷であろうが、ラトルが振ったシンガポール公演を観て、オーケストラを掌握している度合いに雲泥の差があることに、指揮者の困難さと同時に凄さや重みを強く感じた。ベルリンPOの歴史を辿ったドキュメンタリーを観つつ、その存在だけで聴き手だけでなく奏者をも魔法にかけてしまうような指揮者は、もはや現代には存在し得ないのかもしれないとも感じた。佐渡氏のように溢れ出す感情を感覚的にまとめていくような指揮者にとっては、居心地の悪い時代なのかもしれない。

ベルリンPOと同様にウィーンPOというブランドも、聴衆と演奏家の双方にとって大きな意味がある。ウィーンPOのキュッヒルをゲスト・コンサートマスターに迎えての「英雄の生涯」は、尾高氏の手堅い棒さばきもあって、近年のN響にしては随分まとまりの良い好演であった。

「英雄の生涯」といえば、僕がまだ高校生の頃、学校に配布された無料招待券を昼休みにジャンケンで勝ち取って聴きに行った札幌交響楽団の第279回定期演奏会(1987年3月19日)を懐かしく思い出す。当時の札響は、ファゴットの戸沢宗雄、トランペットの杉木峯夫、フルートの細川順三といった名奏者達が退団し、団員の入れ替えが行われつつあった時期であった。1986年4月には、音楽監督の岩城宏之がメルボルン交響楽団から連れてきたマイケル・キシンがコンサートマスターに就任し、今考えると、当時の地方オケとしては出色の水準を誇っていたのではないかと思う。前半に演奏された一柳慧の作品(インタースペース・フォー・ストリング・オーケストラ)やモーツァルトのフルートとハープのための協奏曲(Fl:細川順三、Hp:吉野直子)の記憶は全く残っておらず、「英雄の生涯」も全体がどのような演奏であったのかは覚えていない。ただ、コンマスのキシンと、ホルンの窪田各告己(克己)の素晴らしさだけは、今でも鮮烈な記憶として、強く印象に残っている。気がつけば、四半世紀も昔の話である。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター