スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【演奏会のお知らせ】シュペーテ弦楽四重奏団 第1回公演

クリックすると、画像が拡大します(JPG形式・178KB)。

私が参加している弦楽四重奏団が、下記の要領で第1回公演を行います。本番まで約一ヶ月となりましたので、宣伝させていただきます。

 
シュペーテ四重奏団 第1回公演
Das Späte Quartett
 
2011年9月19日(月・祝):開場13時30分・開演14時
  聖アグネス教会 (京都府京都市上京区烏丸下立売角)
  ※京都市営地下鉄烏丸線「丸太町」下車 徒歩3分
後援:京大音研同窓会
 
2011年9月24日(土):開場13時30分・開演14時
  カトリック夙川教会 地下ホール (兵庫県西宮市霞町5-40)
  ※阪急神戸線「夙川」下車 徒歩5分/JR神戸線「さくら夙川」下車 徒歩15分
後援:西宮市・西宮市文化振興財団・京大音研同窓会
 
森住 憲一(Ken 1. Morizumi):Violine & Viola
工藤 庸介(Yosuke Kudo):Violine & Viola
石金 知佳(Tomoyoshi Ishikane):Violine
金山 秀行(Hideyuki Kanayama):Violoncello
 
プログラム
 W. A. モーツァルト:弦楽四重奏曲第16番 変ホ長調 KV 428 (421b)
 A. v. ヴェーベルン:弦楽四重奏のための緩徐楽章(1905年)
 L. v. ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第12番 変ホ長調 作品127
 
入場無料

シュペーテ弦楽四重奏団は、学生時代からの付き合いをきっかけに集まった4人で、2009年8月に結成しました。シュペーテ(späte)とは、ドイツ語で「後期の、晩年の」といった意味の形容詞です。かつて学生時代にベートーヴェンの後期四重奏曲のことを、畏怖と憧れを込めて「シュペーテ」と呼んでいたことが由来の一つです。人生も半ばに至り、若い頃は手を出せずにいた大作曲家の後期の傑作群を一度は弾いてみたいという、蛮勇と紙一重の目標を立ててアンサンブルを愉しんでいます。弦楽四重奏団としては邪道でしょうが、チェロ以外の3人はパートを固定していません。

初の公開演奏にあたっては、ベートーヴェンの後期四重奏曲の幕開けを告げる第12番をメインに、ロマン派を強く予感させるモーツァルトの第16番、後期ロマン派の残滓であるヴェーベルンの習作を並べてみました。前半のモーツァルトとヴェーベルンは「工藤 (Vn 1)-石金 (Vn 2)-森住 (Va)-金山 (Vc)」、後半のベートーヴェンは「森住 (Vn 1)-石金 (Vn 2)-工藤 (Va)-金山 (Vc)」というパート割りで演奏します。

入場は無料で、整理券等はありません。両会場ともに100席程度の座席数です。

どちらの公演も連休中ではありますが、もしご都合がよろしければ、皆様お誘い合わせて足をお運びいただけましたら幸いでございます。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏活動_DasSpäteQuartett

comment

Secre

演奏会おめでとうございます!

 演奏会のブログ、拝見いたしました。
 あと1ヶ月ですね。おめでとうございます。
 教会内での演奏・・・美しい音が響きわたりそうです。
 ~たいせつな心 清らか~

御無沙汰しております

御無沙汰しております。
 
森住君は(直接の面識はあまりありませんが)、中高の後輩です(彼が私の1学年下)。
 
工藤さんのヴァイオリンも久しぶりに聴かせていただきたいので、なんとか本業の都合をつけて、京都公演に伺いたいと思います。
 
公演の御成功を祈念申し上げます。

Re: 演奏会おめでとうございます!

コメント、どうもありがとうございました。

教会の雰囲気に恥ずかしくない演奏ができるとよいのですが…(^^;

Re: 御無沙汰しております

斉諧生さん、こちらこそ大変ご無沙汰しております。
お元気にされてましたでしょうか?

もしご都合がつきましたら、当日お会いできますことを楽しみにしております(5年以上ぶりですよね)。
プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。