スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK交響楽団第1705回定期公演

  • ショスタコーヴィチ:弦楽八重奏のための2つの小品、プロコーフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第2番、ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 神尾真由子 (Vn) アシケナージ(指揮) (2011.6.8 録画 [NHK BSプレミアム(2011.8.21)])
録画というのは便利だが、一度観そびれてしまうと録画したこと自体を忘れてしまうのが難点でもある。録画可能時間が減ってきたので、HDDの中身を整理しようとチェックしてみると、いくつか未視聴の番組が残っていた。まずは2月11日に放映された映画「沈まぬ太陽」。3月11日の震災の後では観る気にもなれず、放置したままになっている。ただ、いきなり4時間近い時間を作ることもままならず、とりあえず今回はパス。そこで次に選択したのが、子供のために録画しておいた「海賊戦隊ゴーカイジャー」の、“戦うトレンディドラマ”と呼ばれた「鳥人戦隊ジェットマン」のブラックコンドルこと結城凱が出演した回(9月4日放送)。日曜日の朝の、それも子供番組には似つかわしくない、むせ返るようなトレンディ臭を心の底から楽しんだ。酒焼けした声の女神様と安っぽいサックスが鮮烈な印象を残した最後のバーのシーンに大笑い。

さらに録画リストを見てみると、アシケナージが指揮したN響定期公演があることに気づき、慌てて一通り視聴してみた。

「弦楽八重奏のための2つの小品」は、プルト数を若干絞った編成(5-4-3-3;ただし、パート内のdiv.までは確認していない)。その割には、技術的な鮮やかさに欠けたのが残念であった。N響の弦楽器はもう少し高いポテンシャルを持っていると思っていたが、買いかぶりだったか?

プロコーフィエフの協奏曲も冴えない。独奏が単調な滑らかさに終始したことが最大の原因だろうが、アシケナージの棒にもそれを補うほどの音楽的な意思が感じられない。

メインの交響曲第5番は、N響にとっても、いまや「運命」「未完成」「新世界」などの泰西名曲と肩を並べる頻度で演奏している作品だろう。2004年の欧州公演でも、当時の音楽監督だったアシケナージと演奏している。こうした、いわば“手慣れた”作品を、“それほどでもない”とオーケストラが判断した指揮者と演奏する時、N響の悪しき特徴があからさまに露呈される。技術的に磨きあげることもなく、熱のない音楽を漫然と奏でることなど、プロとして許されることではないはずだ。いかなる事情があるにせよ、わが国のトップ・オケを自認するのならば、まずは悪しき体質の改善に取り組むべきではないだろうか。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

comment

Secre

No title

ショスタコーヴィチ:交響曲第5番はN響アワーで見ました。私もまさに漫然とした演奏だったと思いましたが、このような緊迫した内容の、演奏の辛い(難しいよりはきつい)曲を、指揮者の支えなく、楽団だけで気迫のこもった演奏にするのは非常に難しいと思います。やはり責任は指揮者の凡庸な解釈に求めるべきだと思います。
因に、私は終楽章コーダのテンポは、四分音符88で、1と読まれたのはたまたま紙についたインクの跡ではなかったかと考えています。指揮者ガウクが自筆府を紛失したため証明は不可能で、新全集版にも説得力のある説明はされていません。
最も演奏の大変な選択肢ですが、これに依って、死を掛けてこの曲を書いたショスタコーヴィチの勝利に至る苦しみがよく表現できると考えます。
プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。