スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Violinst クリストフ・ジョヴァニネッティ 弦楽室内楽 特別マスタークラス

早いもので、もう11月になってしまった。随分と時間が経ってしまったが、1ヶ月以上前のことについて、今さらながら忘れてしまう前に書き留めておきたい。

10月9日のエントリーで、シュペーテ弦楽四重奏団第1回公演の総括をしたが、実は京都公演と西宮公演の間に、我々にとって非常に意義深いイベントがあった。それは、西宮公演の前日の9月23日に、森悠子先生が企画されているキャパシティビルディング(第14回)に参加し、クリストフ・ジョヴァニネッティ氏の公開レッスンを受けたことである(長岡京市中央生涯学習センター)。ジョヴァニネッティ氏はイザイQの創立メンバーで、現在はエリゼQ(Quatuor Élysée)の1st Vn奏者である。森悠子先生から案内をいただき、演奏会前日ということに若干の躊躇はあったものの、またとない機会なので受講することにしたもの。

全部で4団体が受講し、それぞれが1時間(実際には10分前後の延長があった)のレッスンを受けた。順にハイドンの「五度」(第1楽章)、ベートーヴェンの「セリオーソ」(第1&2楽章)、ハイドンの「鳥」(第1楽章)、そして最後に我々がベートーヴェンの第12番(第2楽章)を指導してもらった。まず最初に曲を通して(繰り返しは省略)演奏し、全体的な講評をもらった後、冒頭から順を追ってレッスンというスタイルは、フランスでは一般的なやり方らしい。年齢構成も、カルテットとしてのキャリアもまちまちな4団体だったが、それぞれがやろうとしている音楽を決して頭ごなしに否定することなく、十分以上に尊重しつつも、問題点を的確に把握して効率よく改善していく手腕は、パリ国立高等音楽院での長年に渡る指導の賜物だろう。
  • pf の捉え方
  • 装飾音の処理
  • ボウイングやフィンガリングについての具体的なアイディア
など、持参したスコアのコピーに書き込んだメモの数々は、他の楽曲にも直ちに応用できる実際的なアドバイスばかり。また、通訳を務められた森先生も、楽器こそ弾かれなかったが、単なる通訳の域を超えた指導をしてくださり、事実上講師2名のマスタークラスであった。

我々の演奏は、京都公演をさらに上回る極度の緊張のために、お世辞にも褒められた出来ではなかったが、ジョヴァニネッティ氏はその稚拙な演奏の中からも的確に我々の音楽的な個性をくみ取り、我々の演奏を魔法のように音楽として整えてくれた。自分達でも考えていたがうまくできないでいた多くのことが、簡潔な言葉で指摘されただけで苦もなく実現するのには、誰よりも我々自身が驚いた。「楽曲を貫くリズムを、常に4人全員が共有すること」が我々に対する指導の根幹であったが、この基本中の基本の大切さを鮮烈に認識させてもらった。第2楽章を選択して、とてもよかったと思う。

翌日の西宮公演では、レッスンで得たもの全てを発揮するには残念ながら至らなかったが、我々にとってこの1時間は決して忘れ得ぬ素晴らしい経験となった。


スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏活動_DasSpäteQuartett

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。