「ムツェンスク郡のマクベス夫人」 (メッツマッハー指揮)他

  • ショスタコーヴィチ:歌劇「ムツェンスク郡のマクベス夫人」 メッツマッハー/ウィーン国立歌劇場 (Orfeo C 812 1121)
  • ショスタコーヴィチ:ピアノ三重奏曲第1&2番、ラヴェル:ピアノ三重奏曲 フジタ・ピアノトリオ (Intim Musik IMCD 104)
12月15日のエントリーの続き。入荷が遅れて別便で発送されてきた2点を聴く。

ウィーン国立歌劇場の「マクベス夫人」は、当初ペトレンコが指揮する予定だったが、キャンセルのためにメッツマッハーが代役を務めたという経緯があるとのこと。しかし、演奏に破綻が生じている訳でも、逆に安全運転に終始する訳でもなく、メッツマッハーらしい透徹した雰囲気が醸し出されているのは素晴らしい。歌手陣も好演で、各登場人物の的確な性格描写は模範的な出来と言ってよいだろう。どこか退廃的な甘美さが漂う響きが、まるで「ヴォツェック」の姉妹作のように聴こえるのも面白い。一方で、録音のせいかもしれないが、凍てつくような鋭さは後退している。

HMVジャパン


ロシア室内楽ファン倶楽部」というサイトの「今週の一枚」(2007年11月第2週紹介分)で随分前に見かけて気になっていたフジタ・トリオのショスタコーヴィチも、入手難になる前にオーダーしてみた。メーカー在庫切れという通知があったので諦めかけたが、思いの外早くに入荷した。

上述の記事から勝手に癒し系の演奏と思って聴き始めたのだが、それとは正反対の鋭利な肌合いの熱気溢れる演奏に意表を突かれた。とりわけ硬質なピアノの響きが全体を支配しており、抒情的な流れよりも力感に満ちた推進力の印象が強い。第1番は素直な音楽作りが悪くはないが、表情がやや直線的で伸びやかさに欠けるのが惜しい。第2番では意欲的な表現も聴かれるが、響きが明るいせいか迫真性が伴わないのが物足りない。収録曲の中では、ラヴェルがこの団体の特質に合っているように思われた。

HMVジャパン
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター