シェバリーンとティーシチェンコの佳品

  • シェバリーン:舞踏組曲「ひばり」、映画音楽「グリーンカ」より アクーロフ/モスクワ放送SO (Melodiya 33 C 10-05167-8 [LP])
  • ティーシチェンコ:バレエ「ヤロスラーヴナ」 ドミトリエフ/マールイ劇場SO & cho (Melodiya C 10-07823-6 [LP])
  • ティーシチェンコ:ヴァイオリン協奏曲第2番 スタドレル (Vn) シナーイスキイ/レニングラードSO (Melodiya C10 25835 001 [LP])
  • モーツァルト:ヴァイオリンと管弦楽のためのアダージョ、ラヴェル:ツィガーヌ、ショスタコーヴィチ(グリークマン編):3つの幻想的な舞曲、ハチャトゥリャーン:舞曲第1番、オフチニコフ:バラード G. フェイギン (Vn) スシャンスカヤ、D. サーハロフ (Pf) (Melodiya 33D 17593-594 [10"mono])
Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.からの1月到着分。雑事に追われていたのは事実だが、たかだか4枚程度の音盤を2ヶ月も放置してしまったことは恥ずかしい限り。

バレエ音楽と映画音楽がカップリングされたシェバリーンのアルバムは、この作曲家のメロディーメーカーとしての特質が発揮された内容である。どの曲も憂愁を湛えつつも親しみやすい、ロシア情緒に満ちた抒情美が印象的な小品ばかりである。さしづめグラズノーフの後継者とでもいったところか。和声や管弦楽の扱いに特筆すべき新しさは感じられないが、手堅くも優れた水準に達していることは確かだ。楽譜の入手さえ容易ならば、アマチュア・オーケストラがこぞって取り上げそうな曲だ。


「ヤロスラーヴナ」は「イーゴリ軍記」を題材にしたバレエで、ティーシチェンコの代表作の一つである。東洋風の音楽が、透けるように薄いテクスチャの中で合唱を効果的に使った。鋭くも訴求力の強い響きで繰り広げられる。全曲が大きな一つの流れの中に統一されているせいか、バレエ音楽らしい多彩さには欠けるが、いかにもポスト・ショスタコーヴィチ世代らしい色合いの音楽は、なかなか魅力的だ。


同じくティーシチェンコのヴァイオリン協奏曲第2番は、「ヴァイオリン交響曲」との副題(?別名?)に相応しく、独奏ヴァイオリンがオーケストラと一体となって協奏曲の域を超えた巨大な音楽を歌いあげる、傑作である。この曲は、本当に素晴らしい。ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番の書法で交響曲第15番を書き直したような音楽だが、その響きや内容はショスタコーヴィチの単なる模倣ではない、ティーシチェンコ独自のものである。終楽章の終結に向かう音の流れは、交響曲第15番の終楽章の長大なクライマックスを思わせ、極めて感動的で強い印象を残す。


フェイギンの小品集は、一昔前のロシア流儀の模範生といった印象で、揺るぎのない安定感をもった左手、力強い切れ味で濃厚なロマンを歌いあげる右手のどちらも、十分以上の水準に達した演奏である。ただ、とりたてて強い個性が感じられる訳ではないので、古典的なレパートリーを収録したA面は平凡な出来である。ロシアの近代作品(ショスタコーヴィチもハチャトゥリャーンも最初期の作品なので、現代作品と括るべきではないだろう)が並んだB面も、当たり前のようにあっさりと弾き切っているのだが、それゆえに楽曲の雰囲気が自然に立ち上ってくるような、好感度の高い仕上がりになっているのが面白い。

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shebalin,V.Y. 作曲家_Tishchenko,B.I.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター