『チャイコフスキーがなぜか好き』(PHP新書, 2012)

亀山氏の音楽についてまとまった著作は、久し振りであるように思う。帯に「ラ・フォル・ジュネ・オ・ジャポン2012オフィシャルBOOK」と記されているように、ロシア音楽をテーマとしたこの音楽祭が本書を執筆するきっかけだったのだろう。

正直なところ、チャイコーフスキイ讃歌のような内容であれば立ち読みすらしなかったところだが、帯には「ムソルグスキー プロコフィエフ ショスタコーヴィチ 死ぬまで聴いていたい聖なるロシアの調べ」とあり、目次を見ても書名に反して(?)チャイコーフスキイに割かれた紙数はそれほど多くなく、それならばと手に取ってみた次第。

古代ルーシに遡ってロシアの歴史を辿り、正教をはじめとする民族的背景に思いを馳せながら、グリーンカ以降のいわゆる「ロシア音楽」を主要な作曲家の有名曲をエッセイ風にスケッチすることでその全体像を描こうとする、その構成には大いに共感するものがあった。というのも、僕自身、数年前に大学時代のサークルの同窓会誌に、全く同じようなテーマで寄稿したことがあったからだ。日本語で読むことのできるロシア音楽史の多くでは、近代ロシアの急激な西欧化がその起源であるように書かれており、西ヨーロッパのように中世の音楽についてその概略ですら触れられることがない。「ロシア音楽」が形成される歴史的過程において、中世以降の正教信仰と音楽との関係や近代ロシア以前の民族音楽の影響などは無視できない要因だと思うのだが、それについて真正面から答えてくれる文献には、今のところ出会えていない。著者が音楽学の専門家ではないので当然だが、本書でもその点について何らかの答えが示されているわけではないが、問題提起がなされているというだけでも意義は小さくないだろう。

取り上げている作曲家の選択は、ごく一般的なもの。項目立てはされていないが本文中に言及されている名前まで含めれば、ロシア音楽入門として網羅すべきところに不足はない。ただし、個々の記述は、あくまでも著者の私的な体験に基づくものなので、いわゆる作曲家の伝記であったり有名曲の楽曲解説のようなものを期待してはならない。このスタンスは、本書全体を通じて著者自身が明らかにしていることでもある。その内容や筆致に好悪が分かれるのは、致し方のないところだろう。僕は、中途半端に学術的風な記述よりはずっと面白く読んだ。

ショスタコーヴィチ以降の作曲家について、それなりの紙数を割いていることも、本書の大きな特色と言える。ソ連崩壊から20年を経た今日でも、ソ連の社会体制と芸術家の創作活動との関わりは専らスターリン時代が取り上げられるのみで、それ以降の時期について深く考察されることはない。ショスタコーヴィチをはじめとするソ連第1世代(演奏家だと、ムラヴィーンスキイやオーイストラフ、ロストロポーヴィチ、ギレリス、リヒテルなど)に比べると、その次の世代(トレチャコーフ、カガーン、スピヴァコーフ、バシメートなど)が1960年代~80年代をいかに生きてきたのかは、クレーメルやアシケナージのように亡命した者を除いて、実はあまり明らかになっていない。作曲家についても同様で、その創作活動を総括して評価しようにも、情報が決定的に不足しているというのが実情である(そのくせ、録音だけはふんだんに残っているという歪さが面白い)。本書で言及されているソ連第2世代の作曲家については、その選択も含めて、物足りなさや異論があることは否定できないとはいえ、いつまでもショスタコーヴィチだけでソ連期のロシア音楽を語ってばかりはいられないという、著者の問題意識には深く共感するものである。

著者がそこまで意図したかどうかは分からないが、21世紀におけるロシア音楽史の雛形の萌芽となり得る構成がとられているという点で、興味深い一冊と言ってよいだろう。

スポンサーサイト

theme : 最近読んだ本
genre : 本・雑誌

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター