読書の晩秋…ぃゃ…初冬

  • ツイピン,G.・清水純子訳:ソビエトの名ピアニスト―ソフロニツキーからキーシンまで―,国際文化出版社,1992.
  • 山口玲子:巌本真理 生きる意味,新潮社,1984.
  • オストロフスキー,N.・横田瑞穂・日野守人訳:鋼鐵はいかに鍛えられたか(上・下),青木文庫,青木書店,1953.
  • ゾールカヤ,N.・扇 千恵訳:ソヴェート映画史 七つの時代,ロシア映画社,2001.
  • ゴリン,N.・斎藤充正訳:ピアソラ自身を語る,河出書房新社,2006.
大学生協で、古本市をやっていた。アテもなく棚を眺めていたら、音楽関係で面白そうな本が何冊か並んでいたので、適当に選んで購入。

ツイピンの本は、元々1982年に刊行されたもの。原著では26名が取り上げられているが、邦訳では日本での知名度を考慮して21名に絞っているとのこと。省略された5名がどのような顔ぶれだったのか、気になるところ。ケレル、ヴラセンコ、マリーニン以外は多少なりとも聴いたことのある奏者ばかりなので、演奏を思い浮かべながら楽しく読むことができた。各人の演奏様式についての的確な評だけではなく、H. ネイガウスをはじめとする名教師達の指導ぶりについても十分に紙数が割かれていて、大変興味深い。

巌本真理の評伝も、こういう機会がなければ読むことはないだろうと、迷わず確保。著者が音楽畑のライターではないこともあって、ヴァイオリン奏者としての演奏歴や評価に関する記述には、正直なところ物足りなさが残った。とはいえ、本書の焦点は彼女の人間性がどのように形成され、どのような人生を送ったのかを描くことにあるのだから、そうした不満はお門違いというものだろう。

ニコラーイ・アレクセーェヴィチ・オストロフスキイ(1904~1936)の自伝的小説『鋼鐵はいかに鍛えられたか』は、ロシアの国内戦当時、清く正しく戦い、傷つき、そして生きる事を描いた愛国的作品として彼の代表作として広く知られているもの。名前はよく聞くが実際に読んだことはなかったので、購入。年末年始にでもゆっくり読んでみたい。そういえば、エレンブルグの「雪どけ」もまだ第2部を読んでいなかった……

「ソヴェート映画史」は、発刊時にチェックしていたものの、何となく買いそびれたままになっていた。HPのWant List(実態は僕の防備録)にもずっと載せていたので、結構多くの方から入手方法について情報を頂いていたにもかかわらず、ようやくこの度Amazonのマーケットプレイスで購入。まず、読み物として大変面白いことに感心した。ショスタコーヴィチが音楽を担当した映画はわずかしか取り上げられていないが、社会主義体制下での映画界の成果が流れるような筆致で見事に描かれている。特に紙数を割いている作品などは、是非観てみたいという欲求を抑えきれない。巻末には、1927年以降に日本で公開されたソヴィエト映画がリストアップされているのも嬉しい。

ゴリンのピアソラ本も、ようやく入手。通勤電車の中で読んでいたのだが、あまりの面白さに3日ほどで一気に読了。ピアソラの音楽、とりわけ自身が演奏した数々のアルバムを聴いたことがある人ならば、惜し気もなく披露されている数々のエピソードや、ピアソラ自身の言葉に息をつく間もないはずだ。作品やアンサンブルに対する評価も、至極納得のいくものばかりで、ファン必読の一冊である。

ソヴェート映画史―七つの時代ソヴェート映画史―七つの時代
(2001/03)
ネーヤ・ゾールカヤ扇 千恵

商品詳細を見る
ピアソラ自身を語るピアソラ自身を語る
(2006/07/11)
ナタリオ・ゴリン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. Tango_Piazzolla,A.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター