「死者の歌」の日本初演ライヴ

  • ショスタコーヴィチ:交響曲第14番 カスラシヴィリ (S) ネステレーンコ (B) バルシャーイ/モスクワCO (Tokyo FM TFMC-0038)
貴重な放送録音が、晴れてリリースの運びとなった。作曲家がまだ存命だった1975年(わずか3ヶ月後には没してしまうが)、初演から5年ほどしか経っていないショスタコーヴィチの新作が初演者の手によって日本で演奏されていたことを、実際の音で確かめることができるというだけで興奮してしまう。

演奏も、その期待に違わぬ素晴らしいもの。ライヴゆえの瑕は散見されるが、少なくとも僕はそれほど気にすることなく聴き通すことができた。バルシャーイの基本的な解釈は初演時から変わっていないものの、全体に角が取れて、いかにもレパートリー然とした余裕のある落ち着いた仕上がりには、好みが分かれるかもしれない。もちろん、モスクワCOの鋭利な響きと卓越したアンサンブルの精度は、全曲通じて堪能することができる。歌手は2人とも、当時はまだ若手だったこともあってか、安全運転に終始している感は否めないが、声そのものの魅力で無難にまとめている。

当日のプログラムがどのようなものだったのかは知らないが、既にレコードは発売されていたので、この曲を目当てに足を運んだ聴衆も、少なからずいたのだろう。「俺はこの曲を知っているぜ」と言わんばかりの、フライング拍手にはむしろ微笑ましさすら感じなくもない。せっかくの余韻を台無しにした罪は重いが、あの終わりを少しも味わうことなく、ひたすら拍手をいち早くすることだけを考えてこの演奏を聴いていたのだとすれば、あまりに哀れで、怒る気にはなれないのである。

HMVジャパン
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター