『ウィーン・フィルとともに ワルター・バリリ回想録』(音楽之友社, 2012)

間もなく大学2回生になろうとしていた1991年の春、ウェストミンスター・レーベルの数々の名盤が初CD化された。西部講堂のすぐ横にあったひどく古い、それでいて妙に品揃えの良かった大学生協の店舗でベートーヴェンとモーツァルト、そしてシューベルトの弦楽四重奏曲全集を喜び勇んで予約したことが懐かしく思い出される。この時のCD化は盤起こしで、後年に発掘されたマスターテープからCD化されたものとは音質に格段の差はあるものの、なけなしのアルバイト代をつぎ込んで買い求めた音盤は、今でも大切に棚に並べている。

それより少し前、まだ高校生だった頃に読み込んだ大木正興・大木正純著『室内楽名曲名盤100』(オン・ブックス, 1983)で頻繁に目にした「バリリ」という名のヴァイオリニストのついに聴くことのできた演奏の数々は、LPですら入手が容易でなかった時期に募らせた期待をはるかに凌ぐ、極めて魅力的なもので、何度聴いても飽きがこないどころか、聴けば聴くほどこれ以外にあり得ない(でも、どうしたって真似できない)という圧倒的な(彼の音楽にはあまり相応しくない形容!)説得力に満ちていた。このようなモーツァルトを奏でることができたバリリあるいはバリリQとは、どんな人だったのか?彼がコンサートマスターを務めたウィーン・フィルについての文献は少なくないが、彼個人についての情報は思うように見つけられないままであった。

その渇きを癒してくれる本がついに出た。本文186ページで2,520円(税込)という価格には割高感が拭えないが、彼の演奏あるいは弦楽四重奏を愛する者ならば、やはり一度は目を通しておかねばならないだろうと、意を決して購入。

僕が音盤を通して親しんだ時代のウィーン・フィルについては、バリリQのメンバーでもあり、バリリの先代の楽団長でもあったシュトラッサーの『栄光のウィーン・フィル』(音楽之友社, 1977)という大部の名著がある。これに比べると、バリリの自伝は記述の分量も詳細度も随分と劣るが、それは本書がある特定のテーマに集中して書かれているためであり、その点においてはシュトラッサーの本を補って余りある充実した内容である。

そのテーマとは、敗戦を迎えた1945年4月にソ連軍から身を守ろうとした“地下避難”前後の記録を頂点とする、バリリが生まれ育った時代のウィーン社会の描写である。生々しく詳細な当時の日記は時代の貴重な証言であり、本書を音楽書の範疇に括るのを躊躇させるほど。

自身の楽歴については、わりと淡々とした調子で事実が書き連ねられている印象。おそらくは完全に網羅されているであろうバリリQのメンバー変遷については、少なくとも日本語では初出の情報で史料的な価値が高いが、それ以外に関してはバリリQの世界ツアーに際してのエピソードの数々が興味を引くくらいで、全体としては驚くほど“自慢”の少ない自伝である。その虚飾のない客観的な筆致には、バリリ本人の気高い誇りが、その音楽と同様に上品に込められているように思われる。

特筆すべきは、掲載されている写真の質。ほとんどがバリリが個人で所有している写真なのだろうが、世界最高のオーケストラのリーダーが生きてきた時代の息吹を生き生きと伝えてくれるものばかりで、眺めているだけで脳内にあの美しい音楽が再生される。

やはりお買い得とは言い難いものの、訳文も読み易く、よほど関心の方向が違わない限り、広くお薦めしたい一冊である。

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_BarylliQuartet

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター