ミャスコーフスキイ、ティーシチェンコ、シチェドリーン

  • ミャスコーフスキイ:交響曲第25番 スヴェトラーノフ/モスクワ放送SO (MK D 4670-4671 [10"mono])
  • ティーシチェンコ:弦楽四重奏曲第4番 カリーニン・フィルハーモニーQ (Melodiya C10 19639 004 [LP])
  • シチェドリーン:歌劇「死せる魂」 テミルカーノフ/ボリショイ劇場O他 (Melodiya C 10-17441-6 [LP])
  • フォミーン:歌劇「替馬所の御者達」 チェルヌシェーンコ/レニングラード音楽院オペラO他 (Melodiya C10 19625 009 [LP])
Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.の2月のリストから注文したものが届いた。これまでは毎月発行されていたリストだが、今年に入ってからは偶数月のみの隔月発行になるとのこと。

スヴェトラーノフ指揮のミャスコーフスキイは、有名な全集録音とは別の物。1960年頃の録音と推測されるが、若きスヴェトラーノフの野趣溢れる覇気に満ちた、それでいてちょっと気取った音楽が心地よい。大祖国戦争の勝利を祝う、というよりは戦争が終わったことへの安堵が強く感じられる優しい平穏さが、田舎臭い懐かしさを漂わす節回しによって、何とも魅力的に奏でられる。特に、これぞロシア、と言わんばかりのホルンは、ロシア音楽好きにはたまらない。


ティーシチェンコの弦楽四重奏曲は、ショスタコーヴィチの第15番を彷彿とさせる聖歌風の旋律から始まる。その第1楽章は「葬送」と題されているが、ショスタコーヴィチの無力感とは異なり、いい感じで狂気を増しつつ音楽が展開していく。とりわけ、第3楽章が気に入った。カリーニン・フィルハーモニーQは真摯な演奏態度で健闘しているものの、残念ながら技術的な切れ味に不足していることは否めない。


今回届いた曲の中で、いや、最近聴いた曲の中で最も感銘を受けたのが、シチェドリーンの「死せる魂」。オリエント情緒を湛えた旋律と、鋭くも美しいシチェドリーンならではの響きが極めて印象的である。声楽と器楽の織り成す独創的な音楽世界には、ブリテンの「カーリュー・リバー」を初めて聴いた時と同じような衝撃を受けた。


フォミーンの歌劇は、2010年12月4日のエントリーで紹介したものと、全く同一の音盤。漫然とリストを見て注文していると、こうしたダブり買いをしてしまう。円安が進んでいるだけに、今後はもう少し注意しなくては。

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Myaskovsky,N.Y. 作曲家_Tishchenko,B.I. 作曲家_Shchedrin,R.K.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター