スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『クラシック・マニア道入門』(青弓社, 2011)

  • 平林直哉:クラシック・マニア道入門, 青弓社, 193p., 2011.
目を引くタイトルだけに、音楽書の棚を眺める度に気にはなっていたのだが、著者の名前を見て、きっと同一録音の異なるプレスを詳細に聴き込んで、どの音質が最も優れているかといったことをひたすら論じているのだろうと思い、立ち読みにすら至っていなかった。

我が道を行く趣味人の文章は、その趣味の方向性が異なったとしても、いやむしろ異なればこそ、突き抜けた面白さがあって、真剣であればあるほど極上の娯楽とすら言えると思うのだが、今までに読んだことのある平林氏の著作は僕にとっては総じてこのカテゴリーに属する。ただ、ここ数年、ヒストリカル録音の聴き比べの類にあまり関心がなくなっているせいか、本書を見かけた当初は興味を惹かれなかったということである。

ある日の仕事帰り、通勤電車の中で読む本を探しに、当てもなく書店に入った。その日は気分に合った本が見つからず、漫然と音楽書の棚を眺めていると、ふとこの本の背表紙が目に入った。目次をめくってみると、当初の予想とは異なり、聴き比べするための環境整備や情報収集の方法について紙数の大半が割かれていた。僕自身は、たとえばSP盤の再生環境を整えようなどと考えている訳でないが(SP盤自体は何枚か手元にあるが)、蓄音機や針の話は眺めているだけでも面白いし、LPの周波数特性の話や、オープンリールの話なども、ある程度の分量がまとまって記述されている文献は、そう身近で目にすることもないので、単純に類書がないという点だけでも手元に置いておく価値があると判断し、レジへと持って行った。

さてこの本、amazonの商品紹介には「マニアの世界へ誘う実践的な入門書」とあるが、「この本にあることを実践すればマニアになれる」というのではなく、「マニアな人がさらにマニア道を突き進む上で、その実践的な突破口を示唆してくれる」ものとして読むのが妥当だろう。たとえば、第4章「マニアの7つ道具」に紹介されている何百ページもある大部のディスコグラフィなど、クラシックをかじり始めた人にとってはほとんど意味のない情報と言ってもよい。また、僕のように著者と音盤蒐集の方向性が全く違う愛好家にとっても、個々の記述の大半は具体的に活用する機会に恵まれないような気がする。それでもなお、読者の興味や水準を思いやることなく、独りよがりに繰り広げられる偏った、狭く深い記述は、すこぶる面白い。この面白さが分かる人が数多くいるとは思えないが、だからこそ書籍として存在する価値があるのだとも思う。商業的に成立するのかどうかは分からないが。

第6章以降の3章(「思い出のLP」「盤鬼の余話」「クラシック音楽との出会いとその後」)は、ある程度の知識はあった方が良いとは思うが、行間に満ち溢れている異様な熱気や時代感覚が面白く、前半の客観的な記述との対比もあって、広範な読者の共感が得られるような内容になっている。こうした情緒的な思い入れがあってこその“マニア道”だということは、きっとそれなりのマニアなら分かっているはずだ。

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。