【YouTube】73年のキンテートの映像

ピアソラの演奏活動を、60年代の第一次キンテート(五重奏団)、そして80年代の第二次キンテートを抜きにして語ることは不可能である。実験的な活動を含め、キンテート以外の様々な編成も意欲的に試し続けたピアソラであるが、キンテートのメンバーは常にその中核であり続けた。

第一次キンテートが解散し、九重奏団も短期間で活動停止してしまった後の1973年に、1年に満たない活動期間ではあったが、キンテートが再結成された。現在、残されている音源は「天使の死」(milan)というアルバム1枚のみ。アグリ、キチョ、マルビチーノといったおなじみのメンバーに加えて、九重奏団でも圧倒的な存在感を放ったタランティーノがピアノを務めていることが目を引き、また実際にタランティーノのキャラクターがキンテートの音楽を決定づけているという点で、ピアソラ・ファンならばこのキンテートを聴き過ごす訳にはいかない。

その“73年のキンテート”の映像が、YouTubeにアップされていた。テレビ番組のようだが、親密でリラックスした雰囲気のスタジオで繰り広げられる演奏の質は、非常に高い。重厚なタンゴのリズム感を持ちつつも、軽やかにスウィングするタランティーノのスタイルが、いつものピアソラと一味違った趣きを持っている。「アディオス・ノニーノ」のピアノ・ソロや、「ブエノスアイレスの秋」のインプロヴィゼーションは上述したアルバムとは大きく異なっており、このアンサンブルが特筆すべき自由度を持っていたことも窺える。

「トード・ブエノスアイレス」や「アルフレド・ゴビの肖像」など、他に映像のない曲が含まれていることも嬉しい。ただ、画質や音質は劣悪で、商品化に耐えるものでは全くないことが残念。インターネットのおかげで観ることのできた映像だろう。投稿者に感謝!

ブエノスアイレスの夏ブエノスアイレス午前零時
ルンファルドトード・ブエノスアイレス
フラカナパアルフレド・ゴビの肖像
アディオス・ノニーノブエノスアイレスの秋
スポンサーサイト

theme : ワールド・ミュージック
genre : 音楽

tag : Tango_Piazzolla,A.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター