DSCH社の楽譜など

  • 映画音楽「リア王」 作品137より第58曲「ゴネリルとの食事」, DSCH, 2009.
  • 24の前奏曲とフーガ 作品87, DSCH, 2012.
  • 子供のノート 作品69, DSCH, 2005.
  • 人形たちの踊り Sans op. S(i), DSCH, 2013.
  • Дворниченко, О. И., Москва Кремль Шостаковичу, Текст, 2011.
いつも使っている業者が送料無料キャンペーンをやっていたので、未入手のままになっていた楽譜など数点を注文した。面白そうな楽譜も1点だけあるのだが、それは後日、別にエントリーしたい。

最近の円安ユーロ高もあって、DSCH社の新全集にはなかなか手は出ないが、ペーパーバックの普及版はそもそもの価格が安いので、こういう機会に買い揃えておきたいところ。「宮廷音楽」と題された、映画音楽「リア王」からの1曲は、2本のフルートとハープという編成。編曲物ではなく、全曲スコアからの抜粋である。演奏家からの需要がそれほど高いとも思えないのだが、それだけに一度絶版になったら入手困難になるかもしれない。その他の3冊は、いずれもピアノ独奏の有名曲。作品87は随分前に出版されていたが、中表紙のクレジットは“2012年”となっていた。刷りを重ねるに際して、細かな修正がなされているのかもしれない。

『モスクワ・クレムリン・ショスタコーヴィチ』というタイトルに惹かれて、本も一冊購入。還暦以降の公的(?)な書簡集みたいな構成で、写真ともども興味深そうな内容。当分の間は書棚の肥やしになってしまいそうなのが、我ながら慙愧に堪えないところ。


スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター