スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【演奏会のお知らせ】シュペーテ弦楽四重奏団 第4回公演

クリックすると、画像が拡大します(JPG形式・687KB)。

私が参加している弦楽四重奏団が、下記の要領で第4回公演を行います。本番まで一ヶ月を切り、直前のご案内となってしまいましたことをお詫び申し上げます。

 
シュペーテ弦楽四重奏団 第4回公演
Das Späte Quartett
 
2014年4月12日(土):開場13時30分・開演14時
  日本福音ルーテル西宮教会 (西宮市宮西町4-19)
  ※阪神本線「香枦園」下車 夙川東土手北へ30m 徒歩1分
  ※阪急神戸線「夙川」下車 夙川東土手南へ700m 徒歩7分
  ※JR神戸線「さくら夙川」下車 夙川東土手南へ500m 徒歩5分
後援:西宮市・西宮市文化振興財団・京大音研同窓会
 
2014年4月26日(土):開場13時30分・開演14時
  聖アグネス教会 (京都府京都市上京区烏丸下立売角)
  ※京都市営地下鉄烏丸線「丸太町」下車 徒歩3分
後援:京大音研同窓会
 
石金 知佳(Tomoyoshi Ishikane):Violine
工藤 庸介(Yosuke Kudo):Violine
森住 憲一(Ken 1. Morizumi):Viola
金山 秀行(Hideyuki Kanayama):Violoncello
 
プログラム
 F. J. ハイドン:弦楽四重奏曲第72番 ハ長調 作品74-1(Hob.III-72)
 L. v. ベートーヴェン:大フーガ 変ロ長調 作品133
 W. A. モーツァルト:弦楽四重奏曲第14番 ト長調 KV 387
 
入場無料

シュペーテ弦楽四重奏団は、2009年8月に結成し、2011年9月に第1回、2012年4月に第2回、2013年4月に第3回の公演を行いました。シュペーテ(späte)とは、ドイツ語で「後期の、晩年の」といった意味の形容詞です。弦楽四重奏団としては邪道でしょうが、チェロ以外の3人はパートを固定していません。

今回は、ハイドンが「工藤 (Vn 1)-石金 (Vn 2)-森住 (Va)-金山 (Vc)」、ベートーヴェンとモーツァルトが「石金 (Vn 1)-工藤 (Vn 2)-森住 (Va)-金山 (Vc)」というパート割りで演奏します。

入場は無料で、整理券等はありません。両会場ともに最大150席程度の座席数です。

イースターの日程の関係で、両公演の間隔が若干空きますが、ご都合のよろしい日に足をお運びいただけると幸甚に存じます。

今年は寒い日が続いていますが、西宮公演の時には、会場に至る夙川沿いの土手の桜がちょうど綺麗に咲き誇っていることと思います。また、京都公演の会場は京都御所のすぐ横です。年度初めの週末でお忙しいとは思いますが、花見の散歩がてら、万障お繰り合わせの上、皆様お誘い合わせて足をお運びいただけましたら幸いでございます。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏活動_DasSpäteQuartett

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/03/19 09:07)

京都市上京区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

comment

Secre

No title

一度聞きたいと思いながら出不精なこのごろ、大阪狭山市から桜咲く夙川の教会に足を運びました。
モーツアルトのハイドンセットの中で特に好きな14番を中心とした凝ったプログラム。時は『春」。

3曲とも生では初めてでありハイドンは初めて聞く曲〔騎士のほうは聞くけれど)。2日前に聞いたアタッカカルテット(大阪国際室内コンクールの覇者}の絹ごしのようなVnの余韻が残っているなかでのコサート、
ハイドンの途中。チェロ奏者のアクシデントがあったが力づよくかつ繊細なカルテットを楽しませて戴きました。失礼ながら比較すれば硬く深い味のもめんの味のようであり。アタッカに比べて人生の味わいでは上回っていたと申し述べます。次回のプログラムも期待ですね。

Re: No title

どすとさん、遠方よりわざわざ足をお運び頂き、どうもありがとうございました。感激です。

1曲目でいきなり不測の事態に見舞われましたが、細かい技術上の瑕はともかく、温かい聴衆の皆さんのおかげで、とても気持ちよく演奏させていただきました。一流のプロとはあらゆる点で内容が不足しますが、音楽、四重奏に対する思い入れだけでも伝わっていれば幸いです。

また機会がありましたら、是非ひやかしに来てくださいね。
プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。