『戦火のシンフォニー: レニングラード封鎖345日目の真実』(新潮社, 2014)

1月30日のエントリーに続き、ナチス・ドイツによるレニングラード封鎖を扱った本をもう一冊読了。この本は、ショスタコーヴィチの交響曲第7番のレニングラード初演に至る顛末を、初演に携わったオーケストラ(現サンクト・ペテルブルク交響楽団)や指揮者のエリアスベルクをはじめとする音楽家達に焦点を絞って記述した労作である。封鎖の軍事的な経緯や歴史的観点からの叙述は最小限で、それもソ連の資料を中心にまとめられているだけに、レニングラード包囲戦におけるソ連側の不手際などはほとんど描かれていないが、本書の主題はあくまでも極限状況下における音楽家達の生き様にあるので、そうした史実の類は別の文献で補えばいい。

「あとがき」で著者自身が述べているように、当初は小説として書き始められたものが編集者の意見を取り入れる形でノンフィクションへと方針転換されたとのことで、これまでわが国ではまとまった形で紹介されることのなかった封鎖下の音楽事情について残された記録を丹念に辿りつつも、突如として戦争にまきこまれたレニングラードのオーケストラが苛烈な状況下で第7交響曲の演奏を果たすまでのストーリーには著者の主観的な思い入れが多分に反映されている。

第7交響曲は、ソ連社会に翻弄された波乱万丈なショスタコーヴィチの生涯の中でも、とりわけ輝かしいエピソードに彩られた作品である。さらにヴォルコフの『証言』で反体制的な“真意”が込められているかのように取り上げられたことで、現代の私達にとっては素直に心を動かされることに何か抵抗のようなものを感じてしまう作品でもある。この点について著者の態度ははっきりしている:「彼(註:ショスタコーヴィチ)が大空襲や砲爆撃の下、死と隣り合わせで作曲していたことを考え合わせると、作品に暗喩や皮肉を込める気持ちの余裕などなかったろう、というのが私の見方だ」(p.242)。これは私自身の考えとも同じなのだが、後付けの論理で下手に深読みしないことで、むしろ単純明快かつ説得力のあるストーリーが構成されているのが好ましい。

レニングラード初演に至る辛苦を知れば知るほど、演奏会に馳せ参じないばかりか、歴史的な演奏会に対する反応が素っ気ない電報一通でしかないショスタコーヴィチに対して否定的な感情を抑えきれない著者の筆致も至極当然のこと。もちろん、当時の状況下でショスタコーヴィチがどこまで自由な行動をとり得たのかについては議論の余地はあるだろうが、そもそも大作曲家が人格者である必要などどこにもない。

日本語で読むことのできる資料としても十分な価値があるが、それ以上に音楽の持つ力の大きさを感動的に伝えてくれる素敵な(というにはあまりに陰惨ではあるが)“物語”に仕上がっているところが、本書の最大の魅力であろう。

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター