プフィッツナーの室内楽曲/ボロディーンの弦楽五重奏曲

  • プフィッツナー:室内楽作品集(弦楽四重奏曲第1~3番、弦楽四重奏曲 ニ短調、ピアノ三重奏曲 ヘ長調、ピアノ三重奏曲 変ロ長調、ヴァイオリン・ソナタ、5つのピアノ曲、6つの練習曲) フランツ・シューベルトQ ロベルト・シューマン三重奏団 ヴァリーン (Vn) ペンティネン (Pf) (999 996-2)
  • ボロディーン:弦楽五重奏曲 タネーエフQ ゲラー (Vc) (Melodiya 33D 16579-80 [10"mono])
もともと最新情報の提供などという大したことを目指していない上に、最近は月一度の更新すらままならないこともあって、本ブログの閲覧数はごく微々たるもの。そんな中で比較的アクセス数の高いエントリーが、プフィッツナーの交響曲 作品46についての曲目解説である。確かに、プフィッツナーについて日本語で読める情報となると、ウェブで検索する限りではそれほど多くないので、通り一遍のことしか書いていない私の記事でも参照してもらう機会に恵まれるのだろう。

私は、プフィッツナーの音楽が好きだ。網羅的に知りたいと思うほどの作曲家ではないけれども、無視するには忍びない。学生時代にクラリネットを吹く先輩から、プフィッツナーの六重奏曲を教えてもらったのがきっかけである。当時は音盤の数も極めて少なく、演奏どうこう以前に曲を知ることすら一苦労だったのだが、浦川宜也の弾いたヴァイオリン・ソナタの録音がとりわけ気に入り、楽譜も取り寄せて自分で弾いたこともある。

大学時代に取り寄せた六重奏曲の楽譜(Johannes Oertel)には、弦楽四重奏曲第3番の楽譜の広告が載っていた。名著『クヮルテットのたのしみ』で、プフィッツナーについて好意的な評価がなされていることもあり、録音が見つからないのなら自分で弾いてみようと大阪の某有名楽譜屋に注文したところ、届いたのは未発表のニ短調の四重奏曲の楽譜…ということもあった。プフィッツナーの知らない曲には違いないし、クレームをつけるのも面倒だったので、その楽譜は今でも我が家の楽譜棚にある。結局、今に至るまで弾いたことはないのだが。

徒然にamazonを検索していたら、プフィッツナーの弦楽四重奏曲全集を含む4枚組を見つけた。cpoレーベルがプフィッツナーの作品を体系的にリリースしていることは知っていたが、長らく買いそびれていた(同じレーベルでは、ヒンデミットの弦楽四重奏曲全集も1枚買ったきりになっている)。マーケットプレイスに安価な中古品が出品されていたので、早速オーダー。

上述したニ短調の習作に加えてアルマ・マーラーに献呈されたという第1番も初めて聴いた。ピアノ三重奏曲は2曲とも初めて。いかにも後期ロマン派風の濃密なテンションで奏でられる仄暗く重厚な響きと、まるで古典派に回帰したかのような軽やかに澄み切った響きの魅力的な対比は、本セットに収録されたどの作品でも存分に味わうことができる。いずれも素敵な音楽なのだが、惜しむらくは尻切れトンボ風の終止パターン。途中がいくら良くても「え?これで終わり?」だと、実演ではなかなか取り上げられ難いだろう。中では、ピアノ三重奏曲が聴き映えのする作品で、これはもう少し演奏機会に恵まれてもよさそうな気がする。

演奏は、必ずしも楽譜に忠実とまでは言えないが、雰囲気のある演奏で、曲を知るという意味では十分以上の水準である。もっと暗くドロドロに…と思うところもあるが、それは現代の団体に望むべきではないのかも。

HMVジャパン

Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.は、最近めっきり出物が減ってしまった印象だが、たまたま目についた一枚をオーダー(実は二枚届いているのだが、もう一枚はまたもやダブり買い)。古めかしい録音から聴こえてくるのは、何とも懐かしさの漂うメロディー。ボロディーンらしい旋律美を期待して聴き進んだが、いかにも若書きの習作といった感じで、同じような旋律が延々と繰り返されるだけで単調。美しい箇所も少なくないのだが、残念ながら実演に供するには躊躇してしまう。少し思うところがあって、チェロ2本の五重奏曲を開拓したいところなのだが、結局シューベルトしかないのか。


スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Pfitzner,H.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター