『ピアニストが語る! 現代の世界的ピアニストたちとの対話』(アルファベータ, 2014)

最近読んだ音楽書の中では、抜群に刺激的で面白い一冊であった。少しでも関心を持たれたならば、迷わず手に取って読まれることをお勧めする。冒頭のポゴレリッチの章がとりわけ凄まじいこともあり、間違いなく最後まで一気に読破されてしまうに違いない。

訳者のブログには何度かアクセスしたこともあり、特にクライネフのインタビュー(本書にも収録されている)の中でショスタコーヴィチ作品に対する言及があることは知っていたので、他にもショスタコーヴィチ絡みの情報を期待して読み始めたのだが、その点では期待外れだったものの、それを補って余りある素晴らしい内容である。

amazonなどの宣伝文によると、本書は「14人の世界的なピアニストへの 長時間にわたる、徹底したインタビュー」である。14人の全てがピアノ演奏史に名を遺すであろう傑出した奏者であることに疑いはないが、必ずしも“有名”ピアニストではないのが興味深い。それが著者の嗜好によるものなのか、著者の出身地である台湾での知名度によるものなのかは判然としないが、インタビューの構成が基本的に一貫していることで、まるで著者の関心事が14人の証言者によって論じられているかのようにも感じられる。それでいて、各人の性格のみならず音楽的な個性までがありありと描き出されているのも見事だ。演奏家のインタビュー集としては、最高峰と言ってよい。

著者の関心事とは、まずはそれぞれの演奏家の背景にあるピアノ楽派の特徴であり、そこからどのように各人の音楽が形成され、現在、ピアノあるいは音楽とどのように向き合っているか、ということだ。もちろん技術面の深い話題もあるので、ピアノを一定の水準以上で弾く読者にとって本書から得られる物は計りしれないに違いないが、幅広い教養を基に音楽文化について熱く語る音楽家達の言葉は、楽器の種類や弾く弾かないを問わず、音楽を愛好し音楽に強く関心を寄せる者にとって天啓のようですらある。

原書では55人のピアニストが取り上げられているとのことで、その中から“わずか”14人を抽出したこともあって、本書ではロシア系の演奏家が中心で、現代に至るロシア・ピアノ楽派については深く掘り下げられているが、それ以外の奏者に関してはそれぞれの流儀に対する多角的な言及がやや希薄なのが、本書で唯一不満なところだろうか。もっとも、本書の売り上げ次第で残る41+α人のインタビューも出版される可能性があるということで、そうなればこの不満は即座に解消されるはずだ。是非とも本書が目覚ましい売り上げを達成することを期待したい。

それにしても、どの演奏家もピアノ音楽の範疇に留まらない深く広範な見識を有していることに圧倒される。真の一流とは勤勉かつ猛烈な勉強家なのだと、改めて思い知らされた。

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

comment

Secre

ありがとうございます。

拙訳本「ピアニストが語る!」について、素晴らしいご感想をいただき大変うれしく思っています。FaceBookで紹介させていただきました。とにかくこれが売れないと続刊が出せないので、SNSなどで宣伝に努めています(-_-;)
ショスタコーヴィチについては、2冊目に収録する予定のアシュケナージのインタビューで詳しく語られています。以前に拙ブログでご紹介した内容に、さらに加筆された部分があり、興味深いと思います。年内に2冊目を出したいと奮闘中です。応援のほど、よろしくお願いいたします!

No title

良い本の紹介感謝します。特にポゴレリッチの項が圧巻でした。彼が初来日した時と15年前、シンフォニーホールで聞きました。ショパンでの左手の伴奏だけでホールが飽和した音の秘密が解かれました。センセーショナルで傲慢な発言と思われていたのがほんとは真摯な日々の訓練の賜物だったのですね。
これを機会に実力よりも評価が低いバイロン。ジャニスを聞いてみます。次回のシリーズもぜひ、期待します。

10/11日兵庫芸文ホールでアルメニアの若手チェリスト、ナレク.アフナジャリヤンの演奏でショスタコーヴィチのチェロソナタ聴いてきました。2楽章の後半で弦が切れたがその楽章はそのまま弾ききり10分後再開しましたがより一層演奏はのっていました。この時の若い女性ピアニスト.オクサーナ.シェフチェコは途中から主導権を握りモスクワ音楽院の伝統を感じさせる見事な弾き振りでした。
プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター