スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガーウク指揮の「第九」他

  • ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第8番、モーツァルト:弦楽四重奏曲第19番 コシツェQ (Opus 9111 1026 [LP])
  • ベートーヴェン:交響曲第9番、合唱幻想曲 ヴィシネーフスカヤ (S) ポスタフニチェヴァ (A) イヴァノーフスキイ (T) ペトローフ (B) リヒテル (Pf) ガーウク、K. ザンデルリンク/モスクワ放送SO、アカデミー・ロシアcho (Melodiya D 03652-0931 [LP])
Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.からの8月到着分。

ハンガリー領だった時代もあるスロバキアの都市「コシツェ」の名を冠したこの団体は、その名に相応しく、良い意味での田舎臭さを感じさせる懐かしい音色に惹かれる。いかにも大木正興氏あたりが「これぞ弦楽四重奏の響き」と絶賛しそうな音である。両曲共に解釈面でのこれといった特徴はないが、穏やかな佇まいで端正に紡がれる音楽は、一昔前の雰囲気を湛えつつ、魅力的である。


ガーウク指揮のベートーヴェンの第九は、終楽章がロシア語による歌唱という点で、よく知られた録音。かなり前にVeneziaレーベルが終楽章のみをCD化(ただし盤起こし)して復刻していたが、全曲がCD化されているかどうかは知らない。

率直に言ってゲテモノ狙いで聴き始めたのだが、意外なほど格調の高い真っ当なベートーヴェンで、聴き入ってしまった。もちろん、ロシア色の強い金管楽器の影響で、明らかに独墺圏の団体とは異質の響きではあるものの(ただし、ティンパニは非常に控えめで、やや肩透かし)、強靭な弦楽器を中心に据えたアンサンブルは、聴き応え十分。テンポはあまり大きく揺れることはないが、基本的に解釈は昔のものなので、現代の演奏解釈に慣れた耳にはロマンティックに過ぎるが、むしろそれを望む聴き手にとっては覇気や熱気が傑出した優れた演奏として好まれるに違いない。私は、特に第2楽章のスケルツォ的な雰囲気に感心した。なお、終楽章のロシア語は、さすがに何度も耳にしている曲だけに違和感は拭えないが、オーケストラの重厚にうねるような響きのせいか、聴き進めるにつれて、それほど気にはならなくなる。

カップリングの合唱幻想曲の方は、リヒテル独奏かつK. ザンデルリンク指揮ということもあってか、これまでにCD化されていたと記憶している。冒頭の圧倒的なピアノ・ソロから、終始、スケールの大きい情熱的な音楽が繰り広げられる。これもまた古いタイプの演奏だが、この楽曲を手に汗を握りつつ一気呵成に聴かせてくれる稀有の演奏と言ってよいだろう。

なお、このベートーヴェン2曲の録音状態は、かなり悪いことを付記しておく。

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 作曲家_Beethoven,L.v.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。