スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MSブラスト

  • Arnold Rosé and the Rosé String Quartet ロゼーQ他 (Biddulph LAB056-57)
  • シベリウス:交響曲第5&7番 カラヤン/ベルリンPO (DG POCG-2090)
  • シベリウス:交響曲第7番、チャイコーフスキイ:バレエ「くるみ割り人形」より抜粋 ムラヴィーンスキイ/レニングラードPO (Altus ALT054)
今日はほぼ終日、大学のネットワーク障害に見舞われた。例のMSブラストというワームに、数百台というオーダーで学内のWindowsマシンが感染した模様。ワームやらウィルスやらで直接的に影響を受けたのは初めての経験だが、仕事も結構ネットに依存していることを改めて実感。まぁ、それはそれで仕事がはかどったりもするのだけれど。

昨晩というか本日未明というか、CD棚からあふれたCDを整理していたところ、ロゼーの録音集を発掘。とにかく弦楽四重奏に関することなら何でも知りたくて、歴史上の人物であるロゼーの録音をCDで聴くことができる!と飛びついて購入した学生時代が懐かしい。確かに古めかしいスタイルには違いないが、録音さえ良ければ50年代くらいまでのウィーンPOのスタイルとさして相違なく聴こえるのではないだろうか、とも思ったりする。ベートーヴェンの弦楽四重奏曲(第4、10、14番)は内声に物足りなさがあるものの、歌心に満ちたなかなかの演奏。でもこれなら、バリリQの完成度には及ばないな。面白いのは、J.S.バッハの二重協奏曲。現在では考えられないような大昔のスタイルに、思わず口元が緩んでしまう。第3楽章にカデンツァが挿入されているのは、機会があれば是非一度自分でもやってみたい。聴いている人達、大受けだろうな。ただ、ここで第2Vnを弾いているロゼーの娘がアウシュヴィッツで亡くなっていることを知ると、ただの色物として聴き流すのは何か申し訳ないような気がする。

かぶとやま交響楽団の第29回定期演奏会のプログラムに、挨拶文の原稿を依頼されていたことをすっかり忘れていた。慌てて準備を始めたが、せっかくなら気分を出そうと、シベリウスの第7番を聴きながら書き物をする。カラヤン盤は、第18回定期で第5番をやった時に購入したもの。もう6年も前になるのね。かぶ響でコンサートマスターを初めてやったのもこの第5番だった。カラヤンの演奏はシベリウスじゃないなんてよく言われるし、確かにそう思う部分も少なくないが、でも素晴らしい演奏。揺るぎのないテンポ感や、隅々まで目の行き届いた磨き上げなど、オーケストラ芸術の極致と言っても良いのではないだろうか。それは、ムラヴィーンスキイ盤でも同様。どちらも非常に演奏者の個性が強い演奏だが、むしろこれくらいやらないとシベリウス独自の抽象的な世界は描き出せないのではないかとも思う。しかし、本当に良い曲だなぁ。日曜日の練習ではあまりにボロボロで涙が出たけれども、本番では音楽に涙したいものだ。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_RoséQuartet 作曲家_Sibelius,J.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。